SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

新しい働き方とリスキリング

「リスキリング=学び直し」に違和感 大退職時代を企業が乗り越え、人材流出を防ぐポイントとは?

【前編】一般社団法人ジャパン・リスキリング・イニシアチブ 代表理事 後藤宗明氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 政府の新しい資本主義実現会議でも重要施策として議論されるなど、「リスキリング」への注目度が高まっている。その「リスキリング」に早くから注目し、2022年10月に『自分のスキルをアップデートし続けるリスキリング』(日本能率協会マネジメントセンター)を刊行、日本企業への導入支援や政策提言を行っているのが後藤宗明氏(一般社団法人ジャパン・リスキリング・イニシアチブ代表理事、SkyHive Technologies日本代表)だ。本連載は後藤氏をホストに迎え、ポストコロナ時代の働き方、リスキリングと人材マネジメントのあり方について検討していく。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「リスキリング=学び直し」に違和感

──後藤さんは、どのような経緯でリスキリングを広める活動を始めたのでしょうか?

 私は大学卒業後に銀行に就職し、そこで人材育成に携わったことがきっかけで、20代から30代にかけては教育研修の分野でキャリアを積みました。人事系のスタートアップを経てニューヨークで起業し、帰国後はアショカという、社会起業家を支援するNPOの日本進出を支援しました。

 その仕事が終わった頃、アメリカではテクノロジーの力で事業を効率的に成長させていくという流れが起きていました。社会起業家としての生き方を模索していた私は、テクノロジーが社会課題解決のカギになるのだと気づき、40歳にして一念発起、デジタル・テクノロジー分野にキャリアチェンジをしました。

 今はジャパン・リスキリング・イニシアチブという非営利団体の運営をしながら、SkyHive Technologiesという、AIを使ってリスキリングのプロセスをワンストップで提供する会社の日本代表も務めています。現在51歳でAIに関する仕事ができているのは、40歳からの10年間コツコツとリスキリングを重ねてきたからだと言えるでしょう。

 40代は初めて転職活動に挑戦して100社以上落とされるなど、非常に波乱万丈な日々を過ごしました。これからの日本では、多くの方が大なり小なり私のような経験をすることになるでしょう。そのような考えから、リスキリングというものを日本で広めたいと思い、2018年にひとりで活動を始めたんです。

 欧米ではリスキリングは、デジタル化による技術的失業を未然に防ぎ、労働移動を実現するための手段として着目されてきた経緯があります。様々な論文や研究レポートも出ていますが、それらをきちんと押さえた上で情報発信しているのは、日本では一部の研究所の方を除いてほぼ皆無です。「学び直し」がリスキリングの日本語訳として定着してしまったこともあり、正しくない情報が流布している現状があります。

 私自身の経験を活かし、成果が出るリスキリングのあり方について政策提言したり、企業の支援をしたりしているところです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
コロナ以降の「大量退職」現象とリスキリング

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
新しい働き方とリスキリング連載記事一覧
この記事の著者

やつづかえり(ヤツヅカエリ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング