SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

事業企画の現場で使う、ツールTips

キャンバスを描くだけでは事業モデルはできない―「ビジネス要素の関係性」と「ストーリーテリング」

第2回:顧客価値を創造し、金銭を獲得する仕組みを描く

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

ホームランバッターを9人揃えてもゲームに勝てるとは限らない

 キャンバスを使ってビジネスモデルを描写する目的は、大きく3つあります。それは、➀チーム内でビジネスモデルに関する議論が活発化するための共通言語をもつこと、②上空100mから自分たちの事業のビッグピクチャーを俯瞰すること、③ビジネスモデルイノベーションに対する基点をもつことです。ビジネスモデルキャンバスを描写することによって、事業を行う上で必要とされる9つのコンポーネントとのその相互関係を直感的かつ視覚的に理解することができます(図1)。

 ただし、ビジネスモデルキャンバスを作りさえすれば、「儲かる事業が作れる」わけでもなく、「画期的なイノベーションが生まれる」わけでもありません。新しい事業を企画する際、ビジネスモデルキャンバスの描写はプロジェクトの始まりであって、終わりではないのです。

ビジネスモデルキャンバスとデザインカード図1. ビジネスモデルキャンバスとデザインカード

 さて、実践での活用に際して重要なポイントを2つほど挙げましょう。1つ目は、皆さんの事業に必要とされる重要なコンポーネントを明確にするだけでなく、各々のコンポーネント間の相互関係を理解することです。実際、多くの方がこの点に関して無頓着なようです。野球は9人のプレイヤーが各々の役割を果たすと同時に、相互の連携プレイが必要とされるのと同様です。2つ目は、各々のコンポーネントの背後にあるメカニズムやドライバーについてチームで議論していくことです。思いついたものを貼り付けていくだけでは意味がありません。

 ビジネスモデルキャンバスの描写に当たり、弊社では12のコンポーネント間の相互関係を定義し、コンポーネントのメカニズムやドライバーを発見するための約220枚のデザインカードを活用していきます。これらは、有効なコンポーネントの発見とコンポーネント間の相互関係に関する理解を支援するものです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
紙芝居のようにビジネスモデルのストーリーを語る

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
事業企画の現場で使う、ツールTips連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

白井 和康(シライ カズヤス)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング