SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

『ベンチャー白書2015』

「大企業×ベンチャー」のオープンイノベーションをデータから俯瞰する

『ベンチャー白書2015』のエッセンス(第2回:CVC編)

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「大企業×ベンチャー企業」とのコラボレーションは既定路線

 シリコンバレーでは、多くの世界的なベンチャー企業が誕生していますが、その要因の一つとしてベンチャー企業を取り巻く「エコシステム」の存在が挙げられます。ベンチャー企業は、既存企業と事業提携したり、既存企業が資本参加したりすることで成長が加速し、最終的には、IPOにより自らが大企業になったり、M&Aされることで大企業の一部になったりします。

 また、既存企業の側も、ベンチャー企業を取り込むことで、自身の成長を加速させています。古くはGeneral Electric(GE)、IBM、Microsoft、Cisco Systems 等がベンチャー企業への投資やM&Aを行うことで成長を繰り返してきました。近年の例では、FacebookやGoogleが積極的にベンチャー企業とコラボレーションを実施しています。彼らはもともとベンチャー企業であったため、ベンチャー企業と手を組むことによって、投資する側もされる側も加速的に成長することを体験しています。そのため、自らが大企業となった現在は、自身の成長を促すことも目的の一つとして、ベンチャー企業への投資を行っているようです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
『ベンチャー白書2015』連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

一般財団法人ベンチャーエンタープライズセンター(イッパンザイダンホウジンベンチャーエンタープライズセンター)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング