SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

共創し学習する新しい組織論

リーダーの仕事は、社員が共感する「コア・バリュー」の特定と「内発的動機」を高めること

ダイナ・サーチ 石塚しのぶ氏 × ダイヤモンドメディア 武井浩三氏 対談第1回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「従業員エンゲージメント」が会社を強力に、社員を幸せにする

武井浩三ダイヤモンドメディア株式会社 代表取締役 武井浩三氏

石塚:
 例えば稲盛和夫さんの本なんかを読むと、経営者やリーダーは自分の哲学を明確にしなさいと書かれています。哲学があることによって、“ぶれない意思決定”ができるからです。会社という単位でも、核となる価値観であるコア・バリューと、会社の社会的な存在意義を表すコア・パーパスを明確にしていくことはすごくいいことです。といっても、定義するだけではダメで、経営に持ち込まないといけません。それは、一緒に働く人もそれに共感している状態を作るということです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
共創し学習する新しい組織論連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング