Biz/Zineニュース

FintechベンチャーのFinatextとナウキャスト、カブドットコム証券と協業してニュース配信

リアルタイムに消費財の売上トレンドがわかる情報を発信

 東大発FintechベンチャーのFinatextとナウキャストは、カブドットコム証券と協業し、 カブドットコム証券が運営するトレーディングツール「kabuステーション」にて、 リアルタイムに消費財の売上トレンドが分かるニュースの配信を2016年10月11日より開始する。なお、Finatextとナウキャストは2016年8月に経営統合を行なっており、 9月にカブドットコム証券と協業して個人向けパーソナルアドバイザリーサービスの開発を行うことを発表している。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] FinTech

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 この度の取り組みでは、 ナウキャストの独自のデータ分析によって、 国内のスーパーやドラッグストアにおける消費財の売上トレンドがリアルタイムに分かるニュースを、カブドットコム証券が提供・運営する「kabuステーション」上に配信する。 

 Finatextは、2014年設立の東京大学発Fintechベンチャー企業。 モバイル金融サービスの開発・企画・運営に強みがあり、 株予想アプリやFXアプリ、 投信選びをサポートするアプリ、 独自の投資信託データベースなどを開発・運営。 また、 マレーシア最大の銀行Maybank主催のFintechコンテストにおいて、2015年度に日本企業で唯一選抜され優勝するなど、 グローバル展開も視野に入れている。 

 ナウキャストはビッグデータ解析により、 消費者物価指数を始めとする経済統計のリアルタイム化や企業の経営戦略の見える化を行う東京大学発Fintechベンチャー企業。 現在はリアルタイム統計データベースサービスを展開し、 国内外250社以上の金融機関、 シンクタンク、 政府、 政府系金融機関、 海外ヘッジファンド等の資産運用、 経済調査業務を支援している。 

 カブドットコムは「金融のIT化」をその起業理念として、技術主導によるリスク管理と顧客満足度の向上に注力している。 2016年1月にはFintech領域における先端研究・事業開発を行う社内プロジェクトチームとして「kabu.com Fintech-Lab」を設立。提携を発表したFinatextやナウキャストといった、Fintech領域におけるスタートアップ企業と今後積極的に協業展開を推進し、 Fintechを通した金融サービスの発展に注力するとしている

 なお、Finatextとカブドットコム証券は協業発表後すでに、Finatextの持つ独自のアルゴリズムを使った注目株シグナルを「kabuステーション」利用するユーザー向けに配信している。 今後はナウキャスト、 Finatext、 カブドットコム証券の3社がそれぞれの強みを生かし、 新たな金融サービスの提供を行うとしている。