SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

組織行動によるRegular Innovations

組織の“任せっぱなし体質”を変える、「内部盲点の直視」と「当事者を揺さぶる異分子」

組織行動によるRegular Innovations:第4回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

“任せっぱなしの体質”という「内部盲点」を突破した、組織内のベテラン異端児の役割

組織内のベテラン異端児の役割

 大企業に起こりがちなことではありますが、この企業ではそれが極端なかたちで表れていました。この委託と受託の多重構造がもたらす任せっぱなしの体質という内部盲点にどう向き合ってもらうか思案していた矢先、一人の管理者と出会いました。定年間近の大ベテランで、その組織の中では異端児的な方でした。この方には、委託と受託がもたらす多重構造の無駄がずっと前から見えていて、その改善に取り組んできていました。広くて複雑な業務全体の効率を高めるためには、担当範囲内での改善だけでは効果が限定的なため、関係者にも改善を持ちかけるものの、組織全体に染み付いた行動習慣を切り崩すには及ばず、半ば諦めの境地にいたところでした。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
組織行動によるRegular Innovations連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社アバージェンス(アバージェンス)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング