インタビュー 共創し学習する新しい組織論

有機的な組織が不確実性に有効という結論を、なぜ『ティール組織』は蒸し返すのか?

座談ゲスト 特定非営利活動法人 場とつながりラボhome’s vi 代表理事 ファシリテーター 嘉村賢州氏、株式会社アクション・デザイン 代表取締役 加藤雅則氏 vol.2

[公開日]

[語り手] 嘉村 賢州 加藤 雅則 宇田川 元一 武井 浩三 [取材・構成] やつづかえり [写] 長谷川 梓 [編] 栗原 茂(Biz/Zine編集部)

[タグ] ワークスタイル 事業開発 組織変革 組織開発 ホラクラシ― ナラティブ・アプローチ ティール組織 自主経営 助言プロセス ホールネス 存在目的 複雑系マネジメント

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読むには会員になる必要があります。

会員登録(無料)ログインはこちら

バックナンバー