SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

共創し学習する新しい組織論

他者との関係性から自分が何者かを知る「セルフマネジメント」──適応課題に向き合う「ナラティヴ」とは

ゲスト:トランスフォーム共同代表 稲墻 聡一郎氏、at Will Work 理事 猪熊 真理子氏【前編】

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

不確実なものに確実なもので対処していると“依存症”になる──安直な解にとは違う、“苦しさを語れる環境”の大切さ

宇田川:今、我々はこれまでの成功法則みたいなものの限界に気づきはじめていて、自分で「問い」を立てて新しいものを紡いでいかなければいけないのだけれど、その新しい物語が誰かに与えられるのを待っているような感覚がありますね。

猪熊真理子さん(以下、敬称略):そうですね。かつては人生においての正解やそこまでのレールが社会に用意されていて、それにうまく乗れば人生が成功するという時代でしたよね。しかし今はもはや何が成功かも、どのレールに乗ればいいかも、レールに乗る必要があるかどうかすらも、わからない時代。自分自身でストーリーを紡いでいくしか、幸せに生き、よりよく働いていく方法はないと思います。けれど、自分で「問い」を立てて、それに向き合って物語を紡ぎ出していくことが可能だと思っていない人の方が圧倒的に多いんですよね。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
共創し学習する新しい組織論連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング