SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

顧客を成功へ導く「カスタマーグロース」とは

サブスクリプション型ビジネスを成功させるために、新たなKPI「GRIP率」を理解する

第3回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

可視化された「GRIP率」を向上させるために必要な、リアルな接点とは?

 オウケイウェイヴ社の佐藤 哲也氏によると、GRIP率と活用レベルは明確に相関関係があるという。

「活用レベルは、サブスクリプション型ビジネスにおける3つのKPI、『GRIP率』『利用率』『活用レベル』の1つですが、GRIP率と活用レベルには明確に相関関係があります。GRIP率が高いほど、システムを深く活用しています。そこで、いかにGRIP率を高めていくかがポイントになります。多くのお客さまは契約当初、GRIP率も利用率も活用レベルも低い状態です。そこで、まずはトレーニングに注力します」

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
顧客を成功へ導く「カスタマーグロース」とは連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング