SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

三菱総合研究所とNextremer、AIによる対話精度を効率的に向上できる機能を開発

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 三菱総合研究所とNextremerは、AI対話システムに対するチューニング効果を予測する機能を開発、対話精度の向上を実現させた。この機能を1月16日より、Nextremerが提供するチャットボット構築サービス「minarai Customer Success Chat」にて試験提供を開始した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 三菱総合研究所とNextremerは、AI対話システムに深層学習を用いる共同研究を行っている。今回、両社はその成果を応用し、AI対話システムに対するチューニング効果を予測する機能を開発。チャットボットの対話精度を向上させることに成功したという。

 今回その成果をもとに、2019年1月16日よりNextremerが提供するチャットボット構築サービス「minarai Customer Success Chat」(以下「minarai CS Chat」)にて試験提供すると発表した。

 両者が開発した機能は、チャットボットがユーザーとやりとりしたときに正確に理解・認識することができなかった対話を、質問回答集(シナリオ)に追加すべきかどうかを点数で評価するもの。今回の試験提供では、minarai CS Chatの利用者に対して、シナリオ管理者の作業支援機能として提供するという。

 この機能により、シナリオ管理者は膨大な対話履歴(対話ログ)の中から、優先的に修正すべき対話を効率よく見つけ出すことが可能になるという。この機能を使ってシナリオを効率的に修正することにより、AI対話システムの対応可能範囲を広げ、システム導入効果の拡大に寄与することが可能となるとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング