SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

自律型人財に必須の“VRA”とは?

本質的な打ち手を導き出す“リフレクション”──自己・他者・ビジネスを俯瞰的に観察する方法とは?

第3回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

リフレクションによって、チームの“本質的課題”も発見可能に

 ここまで、自分や他者を俯瞰的に観察して理解を深めていくプロセスすべてがReflectionだとお伝えしてきました。Reflectionの力が高まっていくと、VRA(Visioning、Reflection、Action)の3つ目の行動原則であるActionへの変化が表れます。もちろんVisioningの力が高まることでActionに変化が表れる場合もありますが、Reflectionの力はより本質的な行動の選択を可能にします。そこで、Reflection とActionとの関係性について、あるケースをもとに説明します。

 例えば、「プロジェクトに遅延が発生した。プロジェクトチーム内での情報連携がうまくできなかったことが原因である」というケースで考えてみましょう。状況をすぐに解決する打ち手として、何が必要でしょうか。プロジェクトメンバーからは「コミュニケーションを円滑にするチャットツールを導入してはどうか」という案が挙がりました。果たしてそれで解決するでしょうか。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
自律型人財に必須の“VRA”とは?連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

杉山 誠(スギヤマ マコト)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング