ラーニング・アントレプレナーズ・ラボとJIN、Steve Blank来日記念セミナーを5/20に開催

 ラーニング・アントレプレナーズ・ラボとJapan Innovation Network(JIN)は、リーンスタートアップの生みの親であるSteve Blank氏の来日記念セミナーを5月20日に東京大手町で開催する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] スタートアップ 事業開発 アントレプレナー イノベーション

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Blank氏は、昨今はリーンスタートアップや顧客開発モデルを活用して、大企業内の『新規事業量産』の仕組み作りや、業務改善や社会課題の解決への応用に取り組んでいる。当日は以下のトピックスについて講演予定。

大企業内の新規事業開発モデル『Innovation Pipeline』

 社内ビジコンで終わらせず、新規事業を着実に磨いて実現するための6つのステップからなるプロセス。

リーンスタートアップを活用した社会課題のソリューション開発プログラム『Hack For X』

 新規事業開発のためのリーンスタートアップ手法を社会課題解決や業務改善に適用をして、効率的な試行錯誤によりソリューションを開発するための教育プログラム。

タイムテーブル

  • 15:00~15:05 開会の挨拶(スピーカー:(一社)Japan Innovation Network(JIN) 専務理事 西口尚宏)
  • 15:05~15:30 リーンローンチパッドとは(スピーカー:ラーニング・アントレプレナーズ・ラボ株式会社代表取締役 堤 孝志)
  • 15:30~16:30 基調講演:リースタートアップ応用編〜大企業の新規事業開発モデル『Innovation Pipeline』と社会課題解決プログラム『Hack for X』〜(スピーカー:Steve Blank)
  • 16:30~17:25 パネルディスカッション「大企業におけるイノベーションの成功の秘訣」(Steve Blank、JIN西口氏、LEL飯野氏、LEL堤氏)
  • 17:25~17:30 閉会の挨拶(スピーカー:ラーニング・アントレプレナーズ・ラボ株式会社)

イベント概要

  • 日時:2019年5月20日(月)15:00~17:30
  • 会場:東京都千代田区大手町1丁目9-2 大手町フィナンシャルシティ グランキューブ3F
  • 参加費:12,000円
  • 定員:120名程度
  • 対象者:現在の勤務先で新規事業開発制度の企画運営をしている方、又は社内制度に応募して新規事業開発を自らが行なっている方。国や県、市町村などの公的機関にて新規事業やイノベーションの創出プログラムの企画運営をしている方
  • 主催者:ラーニング・アントレプレナーズ・ラボ株式会社、一般社団法人Japan Innovation Network