日本航空とKDDI、5G/IoTを活用した航空関連サービスの共同開発に向け提携強化

 日本航空(以下、JAL)とKDDIは、両社のオープンイノベーション拠点のコラボレーションによって、5G、IoTを活用した次世代サービスの研究開発と実用化を行うと発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] IoT 5G

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JALとKDDIは、両社のオープンイノベーション拠点である「JAL Innovation Lab」と「KDDI DIGITAL GATE」のコラボレーション(ラボ・アライアンス)により、次世代移動通信システムの5GやIoTを活用した次世代サービスの研究開発、実用化を行っていくことに合意した。

合意内容

  • 5Gと他のテクノロジーを融合した新たなサービスの研究開発
  • 空港や整備工場などでの5Gの実用化を目指した新たなビジネス検証

 両社は、これまでも5G時代の次世代サービス創出に向けて共同で研究開発を推進してきた。2018年11月には、5G専用端末によるタッチレス搭乗ゲートや、空港を訪れた人のニーズに合わせた大容量コンテンツの情報配信など、空港サービスの実証実験を実施した。また、2019年3月には、4K/8Kの映像を用いた整備作業の高度化ソリューションの開発・実地試験にも成功している。

 JALとKDDIは、今後もイノベーションパートナーとして、2020年度商用化に合わせてJALの拠点に5G基地局を構築し、5Gを活用した次世代サービスを実用化していくとしている。