SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

『ティール組織』の著者が語る、個人と組織が「Purpose」に向き合う“本質的な方法”とは?

Teal Journey Campus セミナーレポートVol.1

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

誰もが羨むキャリアを捨て、「人生の目的」を発見した後に気づいたこと

 ラルー氏は幼少期から大学生まで成績は非常に優秀で、ベルギーのトップの大学に入学し、首席で卒業するほどだった。しかしそれは単に期待されていることをしていたにすぎなかった。就職も、その大学の首席卒業生にはマッキンゼー・アンド・カンパニーに就職するルートがあったので、その通りにした。順調に見えるが、自分の生きる意味がわからないと悩み、それを見つけるまであと半年いようと思い続けて、結局マッキンゼー・アンド・カンパニーで10年の月日が過ぎてしまったという。

 33歳のとき、ラルー氏は多くの人が企業の中で、自分らしく生きるのではなく、ある種、仮面をつけて痛みを感じながら働いていることに気づいた。そして、こういった人たちを救うコーチになりたい、大企業の中で自分らしくいられるような空間を作りたい、それが自分の生きるPurposeではないかと考え始めて会社を辞めた。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング