SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

『ティール組織』の著者が語る、個人と組織が「Purpose」に向き合う“本質的な方法”とは?

Teal Journey Campus セミナーレポートVol.1

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

準備ができている人に「Purpose」は降りてくる

 Purposeが人を選ぶことに関して、ラルー氏はアメリカの小説家エリザベス・ギルバート(映画化もされた『食べて、祈って、恋をして』の著者)のエピソードを紹介した。彼女はブラジルでアマゾンを開拓して高速道路にするという、馬鹿げたプロジェクトが進行しているのを知ったという。その話に触発されて、新しい小説のアイデアが浮かんだが、執筆が2年も進まないままだった。

 その後、彼女はとある小説家と知り合い、親友になる。その小説家はエリザベスに、「アメリカの製薬会社のCEOがブラジルの熱帯雨林を伐採して…」と小説のアイデアを語った。エリザベスは驚いた。それは、自分の考えた小説のアイデアだったからである。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング