Biz/Zineニュース

フィリップス、在宅呼吸ケアに関わる医療従事者と患者向け「eHome Care呼吸管理プログラム」開始

 フィリップス・ジャパン(以下、フィリップス)は、 在宅呼吸ケアに関わる医療従事者と患者をつなげる「eHomeCare(イー・ホームケア)呼吸管理プログラム」をインテグリティ・ヘルスケアと共同で開発し、6月上旬に販売を開始する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ヘルスケア COVID-19

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 eHome Careは、遠隔モニタリング機能を有することで患者の状態を継続して見える化するサービス。さらに、同時に様態変化のリスクが検出された場合は指定された先に通知を行う。この見える化とリスクの早期検出で医療従事者や関係者は、患者の様態変化を把握しながら安心して在宅呼吸ケアを継続できるという。また、インテグリティ・ヘルスケアの疾患管理システム「YaDoc(ヤードック)」をベースにしたプログラムであるため、患者はiOSアプリをダウンロードすることで、オンライン診察の提供を簡便に受けることができ、対面診察が難しい状況下においても質の高いケアの提供を継続できるという。

「eHome Care呼吸管理プログラム」の概要

タイトル

 「eHomeCare呼吸管理プログラム」は、在宅呼吸ケアの継続をスムーズにサポートするシステム。

1:継続的な遠隔モニタリングによる見える化

 在宅呼吸管理を受けている患者さんが測定したバイタルサインや問診内容を入力するとそのデータが自動的にクラウド蓄積され、医療従事者は必要に応じてそれを確認し、患者への連絡や早期介入を行うことを可能にする。患者様態のトレンドを遠隔で把握することで患者の様態変化に対して事前に臨床情報を把握できることで医療従事者は効率良くサポート。そして患者および患者家族はこの見える化によって安心感を得ながらケアを受けることができる。

2:閾値超通知機能による患者様態のリスク管理

 上記のトレンドデータだけではなくバイタルサインの閾値を設定することで、許容しがたい変化があった場合に指定された先に通知をする。通知の受信者は患者の様態変化リスクを早期に検出し適切な対応を行うことで患者の増悪や急な入院の予防が期待できる。

3:オンライン診察によるケアの継続

 患者側はスマートフォンやタブレット(現時点ではeHomeCare機能はiOSアプリ限定)、医師側はPCを用いて、診察の予約調整から実際のオンライン診察まで簡便に実施が可能となっている。対面診療が難しい状況下においてもオンライン診察を活用することで医療従事者のワークフローの改善、および患者のQOL向上が期待される。

4:新型コロナウイルス感染症への対応

 昨今の新型コロナウイルス感染症において感染拡大予防の観点から、対面診療の実現の難しさが医療従事者と患者の悩みとなっている。遠隔モニタリング機能と閾値設定機能により在宅だけではなく、例えばホテルなどで軽症者が完全に隔離された場合でもオンライン診察と併用することで、医療従事者は感染のリスクを軽減することが可能。