SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

第二創業~両利きの経営の先へ

「物語マトリクス」と「ケイパビリティ」で理解する、日本企業独自の両利きの経営と第二創業とは?

Vol.2-2:慶應義塾大学院 特任教授 梅本龍夫氏、アクション・デザイン代表 加藤雅則氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

両利きの経営におけるダイナミック・ケイパビリティ

梅本:「物語マトリクス」を用いて両利きの経営をより実践的に説明する前に、ダイナミック・ケイパビリティとの関連についても触れさせてください。

加藤:ダイナミック・ケイパビリティというのは「自社を革新する力」のことですね。対になるのはオーディナリー・ケイパビリティで、これはファイナンス力や技術力などの個別オペレーション能力のことを指します。対してダイナミック・ケイパビリティの中身は、Sensing (感知)、Seizing(捕捉)、Transforming(変容)である、と言ったのがデビッド J.ティース教授です。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
第二創業~両利きの経営の先へ連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング