SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート (PR)

ネット証券会社が口座開設率を130%向上させた秘密──データ分析とマーケティング施策を大公開

Biz/Zine Day 2021 Winter レポートVol.3:株式会社フロムスクラッチ 大薮悟志氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

A社による口座開設率の向上施策

 A社は口座開設率を向上させるための施策を3つのステップで計画した。

 まず、資料請求後1週間経過しても口座開設をしていないユーザーを抽出し、資料請求日から7日後の11時にメールにて「資料提出のお願い」を出す。次に、「口座開設を行っていない人」に対して、再び資料提出の流れについて解説するメールを送付する。3日後には、最初のメールを開封しているもののサイトに来訪していない人に対して、「すぐに取引できる金融商品のお知らせ」と興味を引く内容のメールを送付し、サイトへの来訪を促す。それでもメールを開封しないユーザーに対しては、SMSなども使って資料提出の依頼を行うというものだった。

A社が実施したかった口座開設率向上施策

 しかし、設計した口座開設向上施策は、“ある理由”から実施できていなかった。その理由とは「口座開設率向上施策に必要なデータを準備できなかったため」だという。

 必要なデータは「顧客ID」「氏名」「メールアドレス」に加え、「資料請求日時」「サイトアクセス日時」「資料請求日からの経過日数」「最終サイトアクセス日からの経過日数」、そして「口座開設済フラグ」の8カラム(項目)になる。

A社が実施したかった施策に必要なデータ

 このうち「顧客ID」「氏名」「メールアドレス」「資料請求日時」「サイトアクセス日時」という5カラムのデータは社内に存在していた。ただ、それらは3つのデータベースに分けて格納されており、統合する必要があった。また、残りの「資料請求日からの経過日数」「最終サイトアクセス日からの経過日数」、そして「口座開設済フラグ」については、新たにデータ作成する必要があり、また前述の5つのカラムとも統合する必要があったのだ。

次のページ
施策実施に必要な情報を収集する難しさ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング