Biz/Zineニュース

ジョンソンコントロールズ、パリ協定の目標達成を10年前倒しした気候変動対策に関する誓約に参加

 ジョンソンコントロールズは、AmazonとGlobal Optimismが共同で設立した「The Climate Pledge(気候変動対策に関する誓約)」へ参加を発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 企業戦略 パリ協定 The Climate Pledge ESGコミットメント 世界で最も持続可能な企業100社

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本誓約に署名した組織は、パリ協定で定められた目標を10年前倒しし、2040年までにカーボンネットゼロを実現することを約束する。ジョンソンコントロールズは、現在この誓約に署名している53の組織のうちの1つであり、今回の発表は、先日同社が発表したSBT(Science Based Target)目標および独自のカーボンネットゼロ(二酸化炭素排出実質ゼロ)達成に向けた目標を含む新たなESGコミットメントに続くもの。

 これにより、ジョンソンコントロールズは、他の業界リーダーと提携しながら、環境およびサスティナビリティに関する共通目標を達成に向けた新たな道筋を模索していくという。

 ジョンソンコントロールズの会長兼最高経営責任者(CEO)であるジョージ・オリバー氏は、以下のように述べている。

「サスティナビリティは当社のビジネスの核であり、あらゆる企業活動の基本です。 気候変動は、地球が直面している最大の課題の1つです。当社のOpenBlueプラットフォームに代表される、技術革新を通じて2040年までにカーボンネットゼロを達成するという発表は、環境保護および保全に対する当社の取り組みを改めて強調しています。AmazonやGlobal Optimism、および他の署名組織と協力して当社の果たすべき役割をさらに拡大することで、パリ協定で定められた目標の10年前倒しし、2040年までにカーボンネットゼロを実現してまいります」

 「The Climate Pledge」に署名した組織は、サプライチェーン強化のための技術、ベストプラクティス、イノベーションを共有し、最重要課題である気候変動問題に対処するための共同アクションに取り組むほか、温室効果ガス排出量の定期的な報告、脱炭素、確実なオフセットに合意することで、カーボンネットゼロ実現を加速させる。ジョンソンコントロールズは2008年以来、Amazonと長年にわたりビジネス上の強固な関係を築いている。

 Amazonの創業者であり最高経営責任者のジェフ・ベゾス氏は以下のように述べている。

「米国がパリ協定に正式に復帰し、気候変動対策における重要な一歩を踏み出したことを受け、気候変動対策のさらなるスピードアップを目指す20社を新たにThe Climate Pledgeに迎えることを喜ばしく思っています。Amazonは2019年に、パリ協定の目標達成の10年早期化を企業に奨励するためにThe Climate Pledgeを共同設立しましたが、すでに12ヵ国、18業界から53社が参加しており、関心度の高さを実感しています。共に協力し、互いの持つ力を活かしながら脱炭素化経済を実現し、次世代のために地球を守りましょう」

 ジョンソンコントロールズの「The Climate Pledge」への参加理由は、人々や空間の健全性、そして地球環境に貢献すべく建物のパフォーマンスを再定義する、という同社のミッションを強化するもの。また、同社は、クリーンエネルギーソリューション、人財、パートナーシップ、パフォーマンス、ガバナンスに重点を置き、バリューチェーン全体で持続可能性を推進している。ジョンソンコントロールズは、CDPによる世界の気候リーダー企業の世界トップ12%にランクインしており、Corporate Knightsの「世界で最も持続可能な企業100社」にも選出されている。

 SBT(Science Based Targets)とは、パリ協定【世界の気温上昇を産業革命前より2℃を十分に下回る水準(Well Below 2℃)に抑え、また1.5℃に抑えることを目指すもの】が求める水準と整合した、5年~15年先を目標年として企業が設定する、温室効果ガス排出削減目標のこと。

 CDPとは、企業が公表する気候変動対策の世界最大のデータベースを保有する独立非営利団体のこと。