SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

事業開発のためのルールメイキング

ルールメイキング戦略を実践すべき3つの場面──法律実務家と協働する事業開発とは

第2回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

事業の障害となる「規制があるとき」のルールメイキング

 ルールメイキングを行う場面の1つ目としては、事業の障害となる「規制があるとき」があります。

 近年、電動キックボードが世界的にも流行しており、前回紹介したように、日本でも電動キックボードのシェアリングサービスの普及が目指されています。日本の現在の法律では、電動キックボードは「原動機付自転車」に該当し、利用には運転免許証の携帯やヘルメットの着用が必要です。そのため、前照灯、番号等、ナンバープレートの取り付けなどの保安基準を満たす必要があり、ビジネス展開が難しい状況でした。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
事業開発のためのルールメイキング連載記事一覧
この記事の著者

官澤 康平(カンザワ コウヘイ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング