SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

事業開発のためのルールメイキング

ルールメイキング戦略を実践すべき3つの場面──法律実務家と協働する事業開発とは

第2回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

事業に対する「規制がないとき・不明なとき」のルールメイキング

 ルールメイキングを行う場面の2つ目は、事業に対する「規制がないとき・不明なとき」です。

 まず、事業に対する「規制がないとき」であれば、ルールを作るアクションを取らず事業を自由に行った方が良いと感じる方もいると思います。しかし、規制がなく無秩序な状況が続くと、様々な事業者が適切ではない形で事業を行う可能性もあります。その結果、自社が関与しないところで利用者の利益を守るための厳しいルールが作られてしまい、事業の継続が難しくなるかもしれません。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
事業開発のためのルールメイキング連載記事一覧
この記事の著者

官澤 康平(カンザワ コウヘイ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング