SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

NEC、学術研究を飛躍させる高性能計算基盤・データ基盤技術を開発

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 大阪大学サイバーメディアセンターと日本電気(以下、NEC)は、大阪大学吹田キャンパス内に「高性能・データ分析融合基盤協働研究所」を5月1日に開設。多様な研究者の計算ニーズに対応するための共同研究を開始した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 今回新設する協働研究所では、大阪大学サイバーメディアセンターに新たに導入する、NEC製「SX-Aurora TSUBASA」を活用したスーパーコンピュータシステム「SQUID」、既存のスーパーコンピュータシステム「OCTOPUS」、および、データ集約基盤「ONION」を活用し、学術研究者が産学共同研究、国際共同研究、地域連携等を通じて、新たな社会的価値を創生するための学術研究基盤利用における計算基盤・データ基盤について研究開発を行う。

 それぞれのシステム上での実際のアプリケーション利用例や性能、システム運用や利活用に関する情報、利用者の要望から次世代の学術研究基盤を実現する上での技術課題を抽出し、

  • ハードウェア性能を最大限に引き出す高性能計算・データ分析融合計算技術
  • 多種多様な計算ニーズを収容可能な高性能計算機システム基盤技術
  • 高性能計算機システムをより使いやすくするデータ集約・管理技術

について研究開発を行う。

 この協働研究所の設置により、大型計算機システムの運用・利用情報を最大限活用し、NECの持つ社会課題解決に関わるビジネス視点での知見や応用技術を融合させ、次世代の高性能計算機システムの研究を牽引するという。また、SQUIDやOCTOPUSを活用し、大阪大学サイバーメディアセンターを中心に展開される産学共創、国際共同研究、地域連携の活性化にも貢献するとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング