インタビュー Purposeを起点とした新しい経営

J-オイルミルズに聞く、コミュニケーションブランド「JOYL」の策定と浸透

第7回 ゲスト:J-オイルミルズ 油脂事業部/コーポレートコミュニケーション部

 いま企業のあいだでは、社会における“存在意義=Purpose(パーパス)”を再定義して「何のために存在しているのか」、社員一人ひとりは「何のために働くのか」を明確にする動きが活発になっています。これは、技術革新や時代の変化によって消費者ニーズや価値観が変化したことや、企業都合のビジネスではなくサステナブルな経営が求められるようになった社会の変化も影響しています。
 企業のビジョンやパーパスの言語化支援を得意とするIdeal Leaders株式会社のメンバーが既にパーパスを導入している企業の方をゲストに迎え、パーパスのメリットを解き明かしていくこのシリーズ。前回はJ-オイルミルズの企業理念体系策定のプロセスや、ビジョン・ミッション・バリュー/パーパスの関係、社内の浸透方法について聞きましたが、同社では、同じタイミングでコミュニケーションブランドを策定されています。そこに込められた想いや策定の経緯や聞きました。聞き手はIdeal Leaders株式会社 COO 後藤照典氏です。

[公開日]

[語り手] 白井 謙 春野 敦子 [聞] 後藤 照典 [著] フェリックス清香 [編] 梶川 元貴(Biz/Zine編集部)

[タグ] ブランド ビジョン ミッション パーパス 経営 Purpose

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュニケーションブランド「JOYL」に込められた想い

後藤照典氏(Ideal Leaders株式会社 COO、以下敬称略):株式会社J-オイルミルズは、2021年4月の新企業理念体系(ビジョン・ミッション・バリュー/パーパス)発表と同時に、コミュニケーションブランド「JOYL(ジェイオイル)」を発表されています。企業理念体系をホームページに掲載するだけに留まっている企業が多い中、このような取り組みが始まっているのは、理念が生きている証拠だと感じます。まずはJOYLに込められた想いについて教えてください。

白井謙氏(株式会社J-オイルミルズ 油脂事業部、以降敬称略):「JOYL」は社内外に向けてコミュニケーションをする際に主語となる愛称であり、事業活動を通じて生まれた価値を蓄積していく受け皿として位置付けています。

 企業理念で、私たちは目指すべき未来=ビジョンを「Joy for Life-食で未来によろこびを-」と置きましたが、コミュニケーションブランド「JOYL」には、お客様や私たち自身も含めた一人ひとりのJoyと、地球環境のJoyをどちらもかなえていくという想いを込めています。また、私たちの事業で主に取り扱う「あぶら」を原点に、自然の可能性を引き出しJoyをかなえていくという想いも「JOYL」という表記に込めています。

春野敦子氏(株式会社J-オイルミルズ コーポレートコミュニケーション部 CSRグループ、以降敬称略):オリーブオイルなど家庭用油脂商品はAJINOMOTOブランド、マーガリンはラーマブランドと、商品ブランドは認知いただいている一方、「J-オイルミルズ」という社名の認知度が低いことが全社の課題としてあったことが、コミュニケーションブランドの策定につながっています。コミュニケーションブランド「JOYL」は新しい企業理念だけでなく、以前のロゴマークに込めた想いも継承しています。“J”は日本を代表したいという想いや、様々なステークホルダーとの絆を示すJoinの“J”、飛躍したいという想いを込めてJumpの“J”という意味が込められていたのですが、今回のコミュニケーションブランドでは、企業理念体系で打ち出したJoy for Lifeの“J”も含めて4つの想いが込められていることになります。

白井:ロゴマークの色にも新企業理念体系が反映されています。以前のロゴは油の熱源としてのイメージから赤系のものでしたが、新企業理念体系で自然の恵みや環境の負荷抑制を重視していることが示されるとともに、元々植物油は自然由来のものだということもあって緑を基調にしたものに変えました。

バックナンバー