Biz/Zineニュース

日本郵便、日本郵政キャピタル、自律制御システム研究所 ドローンを活用した物流改革、DXに挑戦

 日本郵便、日本郵政キャピタル、自律制御システム研究所(以下、ACSL)は、郵便・物流領域での連携を強化することを目的に、業務提携契約を締結した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ドローン DX 物流 物流DX 郵便

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の提携により、ACSLが持つドローンメーカーとしての技術・運航ノウハウと、日本郵便の郵便局・物流ネットワークとをかけ合わせることで、配送物の差し出しやすさ・受け取りやすさを追求していく。日本郵便は、これを共創プラットフォームの実現に向けた戦略的なDXだとしている。また、この提携を契機として、ドローンによる配送の実用化を目指し、経営資源や強みを生かしたシナジー効果を追求していくという。

提携契約の概要

 3社の業務提携合意

  • ACSLにおける物流専門部署の組成と、同部署及び日本郵便によるドローン配送実用化に向けた推進
  • ACSLにおける郵便・物流の効率的なオペレーションを可能とするシステム開発と、日本郵便への供給
  • ドローンの各種認証取得に向けた協力体制の構築

 3社の資本提携合意

  • 日本郵政キャピタルによるACSLの株式の引受け