SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

ネオ・コーポレート経営

メガトレンドを“企業理念のレンズ”で眺め、組織能力とエンゲージメントを向上させるCHROの役割とは?

第3回ゲスト:アサヒグループホールディングス株式会社 取締役 兼 執行役員 兼 CHRO 谷村 圭造氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

取締役会がリードする、自社の存在意義とメガトレンドの掛け算

日置:グローバル化、その中でも“グローカル”を推進していく中で、どのようなマネジメントを目指しましたか。

谷村:当社のグループマネジメントの特徴は、GHQ(Global Headquarters)がすべてをコントロールし統制するのではなく、GHQとRHQ(Regional Headquarters)のオープンで実質的な対話や会話に基づくリレーションシップだと思っています。そのリレーションシップを実効的なガバナンスにしていくうえで最重要と考えているのが、ガバナンスの起点である取締役会の「実効性の向上」です。具体的には、取締役会が意思決定すべきこと、取締役会が監督すべきもの、これらが最適な形になることで実効性が向上するのだと考えています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
ネオ・コーポレート経営連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング