SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

セールスフォース、組織の健康管理やヘルスケアを支援するプラットフォーム・サービスを発表

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 セールスフォース・ドットコムは9月21日(米現地時間)、企業や政府による従業員、顧客、コミュニティの健康と安全の確保を支援する新たなサービス「Salesforce Health Cloud 2.0」を発表した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 同社は、本サービスにおけるポートフォリオの新機能である「Dreampass」を展開。拡張性のあるCOVID-19の安全プロトコルを、対面イベントの参加者向けに提供するという。また、ワクチン接種証明の管理、検査企業との連携、自動化とパーソナライズされたコミュニケーションの提供などを通じて、対面イベントの参加者、スタッフ、コミュニティにとってより安全な環境を実現するとしている。

 なお、「Health Cloud 2.0」の製品群はすべての業界、企業が利用できるとしており、具体的なサービス、機能の概要は以下となっている。

Dreampass

 より安全な対面イベントを提供するために設計されており、参加者の登録管理、COVID-19ワクチンや検査のステータス確認、検査キットを発行するための検査企業との連携などの機能を備えているという。また、パーソナライズされたQRコードでイベント参加者の検査結果を把握し、プロトコルの変更や接触の可能性がある場合には、通知やメッセージを参加者に直接送信することができるとしている。

接触追跡

 感染者や接触の可能性のある人から必要なデータを収集し、接触者のビジュアルマップを作成することで、潜在的なアウトブレイクを監視。これにより、組織が手動で接触者を安全かつ確実に追跡することを可能にするという。

ワクチン管理

 政府や組織が大規模なワクチンプログラムを迅速に管理することを支援。在庫管理、予約スケジュール、結果のモニタリング、公衆衛生上の通知などが可能だとしている。

Value-based care from anywhere(場所を問わず価値のあるケアの提供)

 医療機関が患者体験をパーソナライズし、さまざまな医療環境下でのハイブリッドな医療体験の提供を実現。また、ケアチームが一丸となって患者の予後を改善することで、ビジネスの生産性や公衆衛生業務の改善にも貢献するという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング