SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

二項動態のDX

経産省・吉田泰己氏と語る、サービスデザイン思考とアーキテクチャ思考──行政DXの感性と理性の二項動態

ゲスト:経済産業省 商務情報政策局 情報プロジェクト室長/デジタル庁 企画官 吉田 泰己氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

DX推進に必要な「感性」と「理性」の二項動態

市谷聡啓
株式会社レッドジャーニー 代表/株式会社リコー DXエグゼクティブ 市谷 聡啓氏

市谷:民間企業でDX推進プロジェクトに経営企画などのビジネスサイドから関わる人もいますが、視点はサービスをどう提供するかにフォーカスしていて、システム側を把握していないことが多い。でも、ビジネスサイドの人こそ「アーキテクチャ思考」を意識した方がいいということですよね。

吉田:はい。僕自身も元々は文系の人間ですし、この分野に関わりはじめたのも2017年に今の取り組みに着手してからのことです。最初は本当にITのことを何も知らない状態でした。しかし、概念レベルで各システムの用語が何を意味していて、どのような機能を説明しているのかがわかれば、論理的に何をすべきかをエンジニアの方とコミュニケーションできると思います。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
二項動態のDX連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

鈴木 陸夫(スズキ アツオ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング