SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

BIOTOPE佐宗邦威氏が提唱する、「Visionを構想する技法」と「見るべき時間軸」とは?

講演者:BIOTOPE CEO / Chief Strategic Designer 佐宗邦威氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 多くの企業が不確実性の高い時代を生き残るべく、10年先の社会や業界の変化を予想して自社の計画を立てている。しかし、新型コロナウイルス、ウクライナ情勢などによって、想像できる未来は常に現実に裏切られてしまうと実感している企業は多いだろう。
 ストラテジックデザインファームBIOTOPEは100を超える企業や組織のビジョン立案、新規事業支援、ブランドデザイン策定を支援するなかで、「Visionこそが、イノベーションにおける最大の駆動力である」と気づいたという。では、そのVisionはどう作ったらいいのか。先日行われた「VISION-DRIVEN SUMMIT #1── Vision-Drivenの哲学と技法」でBIOTOPE代表の佐宗邦威氏が講演した内容を紹介する。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「産業革命モデル」と「情報革命モデル」で異なるビジョンの意味

 現在、企業経営において、経営・組織・商材・働き方のレベルで大きな変化が起きている。経営レベルでは重視するものが株主利益の最大化から、SDGs・ESG投資、インパクト投資といった事業の社会的意義に変わっている。組織レベルでもトップダウン型組織からフラットで様々な働き方を許容する自律分散型組織に変わり、商材はアナログからデジタルへと変わっている。働き方もロジックを重視するものから、クリエイティブを重視し、共創するものへと変わりつつある。

 そのような変化のなかで、組織の形とマネジメントモデルの根本が「産業革命モデル」から「情報革命モデル」へと変わってきていると佐宗氏は指摘する。

「産業革命モデル」と「情報革命モデル」で異なるビジョンの意味
クリックすると拡大します

 左側が従来のMBAなどで言われるような組織である。選択と集中によって競争優位性を獲得し市場を支配、利益最大化のためにオペレーションの改善をして効率的な生産体制をとる。すでにある市場において競合のいないところに一目散に向かっていくことが必要なので、何に向かうべきかを示すものとしてビジョンを置く。いわば“軍隊”のような「囲い込み」の発想でマネジメントをするのが従来の組織だ。

 しかし情報革命後の組織では、世界中がネットワークでつながり場所性がなくなってきている。そうなると、企業は自分たちが何者でどんなことをしたいのかというミッション・バリューと、自分たちがどういう世界を作りたいかというビジョンを発信することで、初めて世界とつながることになる。そしてその発信によってユーザーやパートナー、競合と関わりを持ち、組織外部の知と社内インフラを組み合わせて価値共創を行うようになる。その価値共創によって「何をするか」、つまり新しい戦略が創発されていく。そういったいわば“宗教”のような「呼び込み」を行うのが情報革命後の組織だと、佐宗氏は説明する。

 組織がこのような変化をしていることこそ、ここ数年、多くの先進的な企業が中期経営計画という数値的な未来予測だけでなく、長期ビジョンとして自分たちの理想をストーリーで語るようになっている理由である。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
「人生芸術の山脈」の頂点に据える、ビジョン思考

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

フェリックス清香(フェリックスサヤカ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング