SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

「三位一体の経営」の実践者

ビザスク端羽CEOと語る、ビザスク&コールマン連合の成長戦略──日本企業の進化の触媒としての役割とは

ゲスト:株式会社ビザスク 代表取締役CEO 端羽英子氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

グローバルを目指すため、「日本でのドミナント戦略」から始めた

端羽英子
株式会社ビザスク 代表取締役CEO 端羽英子氏

中神:では、ビザスクのユニークネスはどこにあるのでしょうか。事業会社の顧客を抱えているということがポイントでしょうか。

端羽:ビザスクは創業当初からグローバル展開を視野にいれておりました。そこから逆算して、グローバルプレイヤーが入り込めていない、日本市場から戦略的に取りにいきました。そこが強みになると思ったからです。まずは日本で「顧客サイド」と「アドバイザーサイド」に共感いただき、日本で圧倒的なシェアが取れればと思っていました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
「三位一体の経営」の実践者連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

栗原 茂(Biz/Zine編集部)(クリハラ シゲル)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング