SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineインタビュー

パレット標準化は「2024年問題」克服の一手なるか? 日本の物流を救う「シェアリング」の課題と現在地

日本パレットレンタル株式会社 那須正志氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

企業・業界横断的な連携で日本の物流をシームレス化する

 経営アジェンダとしてのシェアリングや標準化の重要性は広まってきているものの、業務改革に追われる現場の苦労は無視できない。単に標準化のための設備やソリューションを導入するだけでは、現場への定着化は難しいだろう。加えてシェアリングや標準化は、取引先など他の企業と共に進めていく変革だ。簡単ではない。

 JPRのような支援する立場にある企業が、導入企業やその関係会社たちに寄り添って標準化を進めていくのはもちろん、企業内・企業同士でのコミュニケーションは非常に重要だという。「それぞれの部署や企業が異なる立場や課題を持っているため、標準化を進めるには時間がかかることも多い」と那須氏は語る。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineインタビュー連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

名須川 楓太(Biz/Zine編集部)(ナスカワ フウタ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング