SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineインタビュー

パレット標準化は「2024年問題」克服の一手なるか? 日本の物流を救う「シェアリング」の課題と現在地

日本パレットレンタル株式会社 那須正志氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

シェアリングの実現に立ちはだかる「標準化」の課題

 シェアリングとはその名の通り、各業者が持つ設備や機器などを、必要とする業者や個人へシェアするという考え方である。たとえばトラックであれば、空き車両を今すぐ荷物を送りたい荷主のために有効活用したり、荷台にスペースが余っているトラックに、別の荷主企業の荷物を積んだりする方法がある。

「トラックドライバーの労働時間が明確に制限される以上、目的地が遠方である場合などは、所定の時間内に配送が完了できなくなる届け先が出てくるかもしれません。ルールを守れなければ法律違反となりますから、『追加の運賃を払うから時間外でも荷物を運んでほしい』なんてこともできません。となれば、決められた労働時間の中で、できる限り運転時間を確保していくしかありませんよね。JPRは、このような課題の解決策となる資産の共有だけではないシェアリングの価値を提供していきたいと考えています」(那須氏)

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineインタビュー連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

名須川 楓太(Biz/Zine編集部)(ナスカワ フウタ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング