SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

FRONTEOと東京工業大学、疾患構造の解析や創薬ターゲット探索の効率化に向け共同研究を開始

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 FRONTEOと東京工業大学 科学技術創成研究院 細胞制御工学研究センターは、疾患構造の解析や創薬ターゲット探索の効率化に関する共同研究を開始した。

 同センターの加納ふみ准教授、村田昌之特任教授らによる研究グループは、単一細胞内のタンパク質の量的変化と、細胞のシグナル伝達や疾患・薬効が示す細胞状態を解明する「PLOM-CON解析法」を開発している。同解析法では、細胞の蛍光抗体染色画像のビッグデータから得られる単一細胞レベルのタンパク質の量・質・局在情報を基に、タンパク質ごとの特徴量を算出し、それらの時間的相関の強弱を指標にして「共変動ネットワーク」として可視化。そのネットワークの変化や違いから、細胞状態の違いや変化を担うタンパク質群情報を検出するという。

 この特性から、個体での効果が見出されていながらターゲット分子がわかっていない薬剤の標的タンパク質抽出による創薬ターゲット探索、疾患iPS細胞やiPS細胞から分化させた細胞の早期の特性解析などへの活用が期待されるとしている。

 共同研究においては、同センターによるウェット(細胞などを用いた生物学的実験)をベースとしたネットワーク解析法と、FRONTEOのドライ(医学論文などの非構造化情報をベースとしたAI解析)をベースとしたネットワーク解析AI技術のシナジーにより、創薬ターゲット探索の効率化・高速化などに資する研究開発に取り組む計画だという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング