SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

組織戦略としてのデザイン

両利きの経営に「デザイン人材の統合能力」がなぜ必要なのか──デザイン思考の限界を語る前にすべきこと

ゲスト:武蔵野美術大学 クリエイティブイノベーション学科 教授 岩嵜博論氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 この連載では、先進企業のデザイン組織への取材を通じて組織変革の担い手としてデザイナーが今後果たし得る可能性やそのあり方を探っていく。初回はその導入として、連載ナビゲーターである武蔵野美術大学 クリエイティブイノベーション学科 教授で、ビジネスデザイナーの岩嵜博論氏にインタビュー。大企業の中のデザインの役割は「デザイン経営宣言」以降の5年でどう変わったのか、この先どう変わっていくのかを概観してもらった。議論は「両利きの経営」におけるデザイン人材の能力とその民主化へと発展した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

デザイン組織は「要塞」から「街の広場」へ

——「デザイン経営宣言」以降の5年間で、大企業の中のデザイン部門やデザイナーの役割はどう変わってきましたか。

 2022年4月にマッキンゼーが公開したレポートが参考になるのではないでしょうか。タイトルは「Redesigning the design department[1]」。全編英語、約38ページのレポートです。

 ページを送ると、最初のコピーには「The best corporate design departments are transforming from fortified castles into vibrant town squares.」とあります。優れた企業のデザイン部門は「要塞のような城」から「活気ある街の広場」へと変貌を遂げているというのです。

 かつての企業のデザイン部門のイメージは「洗練されたかっこいいオフィス」「カジュアルな服装をしたデザイナー」「しかしがっちりとセキュリティが守られていて、カードキーを持った限られた人しか中に入ることができない」といったものでした。けれども、それは過去のものになりつつあるといいます。

 新しいデザイン部門は、もっと開かれたものになる。組織の中のいろいろなところに入り込み、人と人、部門と部門をつなげる役割を担うようになっていくのではないか、という仮説が書かれています。

 しかも、これはマッキンゼーによるレポートですから、定量的な検証もなされています。デザイン部門のあり方が古典的な企業(「要塞のような城」)と、新しい形式を取っている企業(「活気ある街の広場」)とでは、後者の方が財務上のパフォーマンスが高い、とも書いてあります。

 このレポートが示唆するように、企業の中のデザイナーの役割は今、大きな過渡期にあります。プロダクト・サービスの作り手という役割から、変革リーダー、チェンジメーカーとしてのデザイン人材へ。そういう方向に可能性を拡張しつつあると考えられます。

——企業におけるDXや新規事業開発などの変革イシューでは、「両利きの経営」における探索能力の獲得などが求められていますね。

 「両利きの経営」の一番の功績は何だったのかと改めて考えてみると、それは「探索」と「深化」という言葉により、既存事業と新規事業とでは求められるモードが違うと明示したことではないでしょうか。今では、そのどちらにもリソースを注がなければいけないことに関しては、日本社会にコンセンサスができた印象であり、特に探索能力の獲得とそこで得た能力の既存組織への浸透がテーマになりつつあります。


[1]David Cooney, Asuka Kondo, Garen Kouyoumjian, and Benedict Sheppard「Redesigning the design department」(McKinsey & Company / April 27, 2022)

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
なぜ組織変革にデザイン人材のスキルが必要なのか

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
組織戦略としてのデザイン連載記事一覧
この記事の著者

鈴木 陸夫(スズキ アツオ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング