トラベルガイドアプリ「ON THE TRIP」が5月24日にスタート

5か国語の音声でその土地に根付く物語を伝える

 ON THE TRIPは、同社が提供するトラベルガイドアプリ「ON THE TRIP」が5月24日にスタートしたことを発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ON THE TRIP」は、神社やお寺などの文化財、各地の絶景や芸術祭、禅や寿司などのカルチャーまで、さまざまな旅先の理解をその場で深めるトラベルガイドアプリだという。日本の文化財にはたくさんの物語がある一方、訪れた観光客にその物語を伝えきれていないとして、各文化財と提携して、スマホにより5か国語の音声でその土地に根付く物語を伝えるという。ON THE TRIPには、TABI LABO創業者の成瀬勇輝氏、コピーライターの志賀章人氏、CTOの森上航平氏などが携わっている。

 「ON THE TRIP」の特徴は次のとおり。

 ・MOBILE:ガイドブックはもういらない。旅先でスマホにダウンロード――神社で、お寺で、芸術祭で。その場で「スポットガイド(0円~)」をダウンロード。観光スポットの見どころをGPSと連動してガイド。

 ・5 LANGUAGES:日本語、英語、中国語、広東語、韓国語。自国の言葉でより深く、直感的に。――世界中の旅人に新たな旅の物語を。文字で、写真で、いずれはARで。五感を揺さぶるスマホならではのトラベルガイドを。

 ・AUDIO:まるで美術館の音声ガイドのように。スマホばかり見ていても旅ははじまらない。――オーディオガイド(5か国語対応予定)を使えば、目の前の旅に集中できる。

 ・CULTURE:スポットガイドだけじゃない。禅、寿司、桜などのカルチャーも。――禅ってなに? やりかたは? その歴史は? 文化背景を知る「カルチャーガイド」も。寿司、温泉、天ぷら……日本人も知らない物語をあなたに。

 「ON THE TRIP」のビジョンは、日本中、世界中で、あらゆる旅のコンテンツを「場所」に根づかせることにあるという。そのために、まずは旅行ガイドをスマホでアップデートするとしている。