SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

人工生命(ALife)とは何か

人工生命(ALife)とは何か──AIや生物学との違い、「都市デザイン」や「組織」への応用

「人工生命(ALife)」とは何か:第1回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「建築・都市デザイン」と「アート・クリエイティブ」への応用

 最後に少しだけ弊社の説明をさせてほしい。今後の連載などで触れる機会もあるかもしれないが、オルタナティヴ・マシン社では、まず「建築・都市デザイン」「アート・クリエイティブ」を応用先として見ている。

 現在、「和の大家」とも称される隈研吾率いる東京大学隈研究室と街の生命感(様相)を解析する研究や先進的な部品を世界中の自動車メーカーに提供するデンソーと新たなモビリティ起点の都市デザインの研究を行っている。それら以外も大まかに言えば「ALife(情報技術) × 建築・都市デザイン」が多い。単に効率性を高めるようなスマートハウスやスマートシティという機能的価値を追求したものではなく、情報技術でどのようにして情緒的価値を提供できるのか、もしくは今までのアプローチとは異なる新しい住まいや空間、街のあり方がありえるのか、そんな事を模索していく中で、我々にたどり着いたという印象だ。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
人工生命(ALife)とは何か連載記事一覧
この記事の著者

青木 竜太(アオキ リュウタ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング