SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

SDGsは「現在」と「未来の理想」との差分──先行企業と専門家が語る企業での実践

クリエイティブ・シティ・コンソーシアム主催「2017年度クリエイティブミーティング」レポート Vol.1

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

“SDGsに対応した事業”があるわけではなく、SDGsが描く未来に自社の未来像を重ねる──富士通の場合

 西口氏の講演に続き、パネルディスカッションには国連開発計画(UNDP) 駐日代表事務所渉外・広報官の保田由布子氏、事業構想大学院大学学長・教授/宣伝会議取締役の田中里沙氏、富士通株式会社環境・CSR本部CSR・SD戦略統括部長の藤崎壮吾氏が登壇し、それぞれの立場から、SDGsについて語り合った。

 その中で富士通の藤崎氏は、現在、UNDPと東北大学災害科学国際研究所、富士通が巨大自然災害の被害低減を目指した新規事業を開始したことを説明。現在、富士通は工場よりもデータセンターの方が多い企業となっており、そのデータ基盤と情報技術という強みを生かして、UNDPと東北大学とのパートナーシップで災害統計グローバルデータベースを構築、世界の防災に貢献するというプロジェクトである。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング