連載・コラム OMO-UX戦略 マーケティングのリ・デザイン

データ活用による顧客理解を「属性把握」から「状況把握」へ移行させる、三つの方法論とは?

第4回

[公開日]

[著] 魚住 高志

[タグ] マーケティング サービスデザイン 事業開発 UX OMO

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読むには会員になる必要があります。

会員登録(無料)ログインはこちら

バックナンバー