SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

OMO-UX戦略 マーケティングのリ・デザイン

データ活用による顧客理解を「属性把握」から「状況把握」へ移行させる、三つの方法論とは?

第4回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「デジタルに閉じた活用と検証」の解決手段は、“個別最適”を脱却する「データ統合」

 続いて二つ目は「デジタルに閉じた活用と検証」の解決手段についてです。

 「製販分離の業態企業」を例にして、「デジタルに閉じた活用と検証」と「プロセス化しない組織の壁」に関して、簡単に図示をすると、以下のような状況だと考えています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
OMO-UX戦略 マーケティングのリ・デザイン連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

魚住 高志(ウオズミ タカシ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング