Biz/Zineニュース

ドーモ、企業のデータ活用に関するアンケート調査を実施 データ活用に不満のある企業は7割以上

 ドーモは、朝日インタラクティブと共同で実施した「企業のデータ活用に関するアンケート調査」の結果を発表した。本アンケート結果から、データ活用の重要性は認識しているものの、7割以上がデータ活用に不満を感じ、必要なタイミングでデータを入手することの難しさや、データを思うように活用できない具体的な要因が明らかになった。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 企業戦略 データ活用

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタル化が進んでいる現在、企業競争力を高めるためには企業が保有するデータを最大限活用して、価値を見いだしていくことが重要。しかしながら、今回のアンケート調査の結果から、データ活用の主な目的として、「ビジネス状況の可視化」や「業務の省力化」を挙げている企業が多数を占めている一方で、「デジタル変革を推進するため」や「顧客とのエンゲージメント向上のため」など、もう一歩進んだ取り組みにデータを活かしている企業は少なく、依然としてデータの価値を十分に活用しきれていない現状とその障害になっている要因が浮き彫りとなった。

 今回のアンケートの結果を踏まえ、データ活用のレベルを上げていくには、経営者から現場にいたるすべての人々がデータの価値を実感できる環境が重要であることも分かった。

タイトル

調査方法について

 企業におけるデータ活用の現状を把握することを目的に、Domoと朝日インタラクティブが共同で、Webアンケート形式にて、2020年4月1日から4月23日に実施しました。得られた回答は445件。回答者の「役職」「業種」「会社規模(従業員数)に関する内訳は以下のグラフのとおり。

タイトル