SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

三越伊勢丹三部氏が語る百貨店DX──「最高の顧客体験」を目指したビジネス戦略とIT戦略

Biz/Zine Day 2020 Autumn レポートVol.10:株式会社三越伊勢丹 三部智英氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

顧客理解をさらに進めるためのデータ基盤

 ビジネスプラットフォームに加えて、データ基盤もDXには必要である。これまでの三越伊勢丹では、エムアイカード等からの顧客データと、POSの売上をもとに集計した購買データをもとにして、顧客分析や商品分析を行っていた。しかし現在活用しているのは、「顧客データプラットフォームアーキテクチャ」と呼ばれるデータ基盤である。

 かつてはPOSや商品、EC、クレジットに関する情報だけを活用していたが、ここに様々なサービスで得た顧客に関する様々な動的データを加えて、新たなデータ基盤を用意している。三越伊勢丹では靴、洋服、食品などと商品の項目も型数も多く、顧客の情報に商品情報を紐づけることによって、さらなる顧客理解を進めていくことが可能である。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング