オロ、クラウドERP「ZAC Enterprise」にガントチャート機能・工程管理を追加

プロジェクト収支と進捗のリアルタイム把握・作業パフォーマンスの可視化

 オロは、クラウドERP「ZAC Enterpreise」に工程管理機能を追加し、1月13日から販売すると発表した。これにより、「ZAC」のプロジェクト収支の可視化に加えて、プロジェクト進捗のリアルタイム把握・作業パフォーマンスの可視化が実現されたとしている。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ビジネスIT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ZAC」の工程管理機能は、プロジェクト全体の工程を一元管理する。ガントチャートで工程別の工数・成果物進捗をリアルタイムで確認でき、その場での予定編集や他のプロジェクト管理画面への情報連携も可能だという。

 プロジェクトの出来高やパフォーマンスを多角的に分析するEVM(Earned Value Management)を持ち合わせ、多彩な機能で工程管理をサポートする。