SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

経営変革の「思想」と「実装」

なぜライオンは「習慣づくり」というパーパスの明確化を行ったのか──新規事業と既存事業に与えた効果

第1回ゲスト:ライオン株式会社 ビジネス開発センター 松本 道夫氏、藤村 昌平氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

組織の境界線を明確にせず、あえてマーブル状にする

藤村:社内では色々なところで同時多発的に新しい取り組みが始まっているので、本部内にいる事業支援を行うメンバーが社内を歩き回って、誰が何をやっているのか全部聞いて回るということをやっています。最終的には自然に情報が集まってくる状態を目指しています。また、本部の統括部門と既存事業部門の統括部門と、それぞれの部長同士が情報交換しながら、「あっちで話を聞いたのか?」「一緒に議論してから上にもっていこう」といった指示も出て、上下左右に情報が混ざるような形になってきています。

宇田川:なるほど、それはユニークですね。新規事業だけ、既存事業だけという形で壁を作らずに、混ざりあう形になっているんですね。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
経営変革の「思想」と「実装」連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング