Biz/Zineニュース

富士通、スマートファクトリー化によるリモート工場管理を実現 生産現場のDXを支援

 富士通は、リコーの沼津事務所と、工場全体生産状況可視化システムを共同開発した。リコーでは、2021年6月より、重合トナーを生産するケミカル工場において本稼働を開始している。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] DX 製造業 製造業DX 富士通

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このシステムは、富士通の工場可視化ソリューション「FUJITSU Manufacturing Industry Solution COLMINA工場最適化ダッシュボード(COLMINA 工場最適化ダッシュボード)」を活用し、ケミカル工場における生産情報をリアルタイムに収集、加工することで、工場全体の生産状況を俯瞰して可視化する。また、スマートフォンやタブレットなどと連携することで、工場の稼働状況や品質変化が閲覧でき、設備異常や品質不良防止への対応を迅速に行えるリモート工場管理が可能だという。

 両社は今後、このシステムをリコーの他事業所へも展開する予定だとしている。