SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

宇田川元一准教授と日置圭介氏が語る「Xゼロの変革論」──コーポレート部門の「ケア」のロジックとは?

Sansan Innovation Project 2021 レポート

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 2021年9月に開催された「Sansan Innovation Project 2021」にて、Biz/Zineでもおなじみの宇田川元一氏(埼玉大学経済経営系大学院 准教授)と日置 圭介氏(ボストン コンサルティング グループ パートナー&アソシエイト・ディレクター)による対談が行われた。テーマは「Xゼロの変革論〜自発性が起こすイノベーション〜」。これだけ変革が叫ばれても日本企業がなかなか変わっていかない背景には「自発性」の問題があるのではないか。そんな問題意識から議論されたのは、「望ましい変革のあり方」や「コーポレート部門が果たす役割」の重要性だった。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

ドラッカーのイノベーション思想に通ずる「Xゼロの変革論」

 宇田川氏は、対談タイトルにある「Xゼロ」という耳慣れない言葉についての解説から話を始めた。いわく「Xはトランスフォーメーションのこと」だという。

 最近はデジタル・トランスフォーメーション(DX)、コーポレート・トランスフォーメーション(CX)など、「○X」という“各種変革”が語られることが多い。それでも日本の企業社会がなかなか変わらないのは、「自分なりに頑張ってやってみよう」という自発性が芽生えていかないという問題が大きいのではないか。そしてそれは、「今行われている変革」と「本当に必要な変革」がずれているからではないか、と宇田川氏は言う。

 この数十年の間、大手企業の業績はなだらかな右肩下がりを続けてきて、あるときに破壊的イノベーションにさらされるなどして急激に悪化することがある。そうなって初めてV字回復を目指す企業変革が始まり、成功すればセンセーショナルに取り上げられることも多い。しかし本来は、病気での急性期を迎える前の段階、業績がゆるやかに悪化し続ける慢性疾患の段階に変革のニーズがあるのではないか、大規模な変革を伴わない「Xゼロの変革」というものが必要ではないか、というのが宇田川氏の主張だ。

 宇田川氏は、ドラッカーが『イノベーションと企業家精神』(P.F.ドラッカー著 上田 淳生訳 ダイヤモンド社)の中で語った以下の言葉を引用する。

「イノベーションに成功するものは保守的である。保守的たらざるを得ない。彼らはリスク志向ではない。機会志向である」

 つまり、日々起きる小さな問題や小さなギャップ、小さな気付き、そういうものにちゃんと向き合い、取り扱っていく中で、大きな変化(イノベーション)が生まれるのだと言っていると、その意味を解説した。

 「Xゼロの変革」を志すことはドラッカーのイノベーション思想と通ずるものだとし、宇田川氏は「そのような変革を担うのは誰か?」と問いかけた。一般的には、変革は組織のポジティブ・デビアンス(逸脱者)的な存在、イントレプレナーシップを持った人たちが引き起こすものと考えられている。しかし、彼らだけに変革を期待するのではなく、彼らを支援しケアし続ける存在としてのコーポレートやCxOの存在が重要だというのが、宇田川氏の考えだ。

経営変革の思想と実装
画像クリックで拡大表示
図版出典:Biz/Zine『企業変革は「戦略」が起点ではない──宇田川准教授が描く、創る人と支援する人による変革のプロセスとは?』(Biz/Zine・2021/03/24)

次のページ
コーポレートが担うべき5つの役割

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング