SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

富士通 福田譲氏が「フジトラ」で実践する、DX最大の障壁を突破する「ヒト・組織・カルチャー」の変革

Biz/Zine Day 2022 SummerレポートVol.2

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

社内コミュニケーションの変革、社内を「繋がる場」に

 富士通は抜本的な働き方の改革を進めており、「仕事はオフィスでやるもの」という固定観念を捨て、リモートを含めたハイブリッドワークの体制に転換した。働く場所が離れたのと時を同じくして全社員の75%、約10万人がアクティブユーザーとしてジョインし始めたという。利用しているのはマイクロソフトのYammerだが、部署単位のコミュニティやプロジェクトごとに生まれたコミュニティが社内で計1万を超え、国内では断トツ、世界でもTOP10に入る利用率でアクティブに使われているという。

 また、社員を中心に様々な人の意見を吸い上げるデジタルプラットフォーム「VOICE」を導入。これは、エクスペリエンス・マネジメント プラットフォームを提供するクアルトリクス社の「XM(エクスペリエンス・マネジメント)」プラットフォームを利用して、顧客満足度(NPS)、ブランド調査、従業員満足度、変革意識調査などをデジタル情報として収集し、AIを用いて見える化・解析することで、自社の課題やその要因の判断、変化を予測したり、顧客や社員と対話したりするシステムである。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

フェリックス清香(フェリックスサヤカ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング