SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

組織戦略としてのデザイン

なぜソニーグループのデザイン組織は要塞化しないのか──鍵は「グループ横断のハブ機能」と「机の下活動」

【前編】ゲスト:ソニーグループ株式会社 クリエイティブセンター 山田良憲氏、前川徹郎氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

60年以上デザインの役割を拡張させ続けてきたソニーのデザイン組織

岩嵜博論氏(以下、敬称略):ソニーのデザイン組織は国内企業でも特に長い歴史を有しています。本日は、そのデザイン組織がどのような変遷をたどり、現在はどのような機能を果たしているのかをお伺いします。まずは、現在の組織概要をお聞かせいただけますか。

前川徹郎氏(以下、敬称略):現在、ソニーのデザイン組織であるクリエイティブセンターは、大まかにインキュベーションデザイン部門とコーポレートデザイン部門の二つの部門に分かれています。インキュベーションデザイン部門は、テレビやオーディオ、カメラなどの製品のデザインに加え、未来志向の商品提案などを手がける組織。一方、コーポレートデザイン部門は、経営企画やブランディングなどを支援する組織です。前者が比較的タンジブルな領域を主に担う組織、後者がそこから役割をさらに拡張し、デザインを通じてコーポレート領域のイシューに取り組む組織といえます。

 このうち、山田はインキュベーションデザイン部門、私はコーポレートデザイン部門の部門長で、それぞれがクリエイティブセンターの副センター長を務めています。山田は生え抜きのプロダクトデザイナーであり、長年にわたってデザイン関連の業務に携わってきましたが、私自身はマーケティング、事業企画、経営企画などに従事してきており、いわゆる「ノンデザイナー」です。当然ながらデザイナーのキャリアはありませんし、美大卒でもありません。コーポレート領域の支援を行うということもあり、クリエイティブセンターにはノンデザイナー人材も所属しており、近年、その数が徐々に増えています。

前川徹郎
ソニーグループ株式会社 クリエイティブセンター 副センター長 コーポレートデザイン部門 部門長 前川徹郎氏

岩嵜:なるほど。では、どのようなプロセスを経て、クリエイティブセンターが現在の姿に至ったのか教えていただけますか。

山田良憲氏(以下、敬称略):歴史を遡ると、クリエイティブセンターの前身である「デザイン室」が設立されたのは1961年です。ソニーで社長、会長などを歴任した大賀典雄が、それまで事業部ごとに分散していたデザインチームを一つの組織にまとめたのが始まりでした。

 大賀はもともと音楽家のため、アーティスト的なマインドが強く、ビジネスとデザインを架橋する存在でした。こうしたなかで、エポックメイキングなプロダクトを生み出すソニーのデザイン組織が形成されていきます。当初は、デザイナーが関わる領域もプロダクトなどが中心でしたが、時代を経るにつれてその領域が拡大。グラフィック、UI、アプリケーション、ブランディング、空間など、幅広い領域のデザインを手がけるようになりました。

 現在のクリエイティブセンターの位置付けとしては、デザインを通じてゲーム&ネットワークサービス、音楽、映画、エンタテインメント・テクノロジー&サービス、イメージング&センシング・ソリューション、金融の6つの事業をつなぐことに加え、社外と社内をつなぐ機能も担う「クリエイティブハブ」を標榜しています。

クリエイティブハブ
画像提供:ソニーグループ株式会社 クリエイティブセンター/クリックすると拡大します

 エレクトロニクスが祖業ということもあり、現在もプロダクトとのコラボレーションが割合としては多いですが、最近では半導体や金融とのコラボレーションも増えつつあります。また、2020年には社外のお客様にデザイン視点でのソリューションをご提供するためのソニーデザインコンサルティング株式会社も立ち上げました。

山田良憲
ソニーグループ株式会社 クリエイティブセンター 副センター長 インキュベーションデザイン部門 部門長/ソニーデザインコンサルティング株式会社 代表取締役社長 山田良憲氏

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
デザイン組織の社内受託と独自開発の絶妙なバランス

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
組織戦略としてのデザイン連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

島袋 龍太(シマブクロ リュウタ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング