SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

執筆者一覧

中尾 豊

株式会社カケハシ代表取締役CEO

中尾 隆一郎

リクルートワークス研究所 副所長 HR研究機構 企画統括室室長、iction! 事務局 事務総長 1989年大阪大学大学院工学研究科材料物性工学科了。同年株式会社リクルート(現株式会社リクルートホールディングス)入社。人材総合サービス事業部企画室 企画グループマネジャー、ワークス研究所 調査グループマネジャー、株式会社リクルートマネジメントソリューションズ マーケティングFU長、株式会社リクルート事業統括室エグゼクティブマネジャー、株式会社リクルートすまいカンパニー執行役員(事業開発担当)、株式会社リクルートテクノロジーズ代表取締役社長を経て、16年4月より現職。専門は事業執行、マーケティング、人材採用、組織創り。

中岡 晃也

1989年 北海道生まれ。理にかなっている物事を紹介するのが好きです。

中神 康議

みさき投資株式会社 代表取締役社長 独立行政法人 経済産業研究所 コンサルティングフェロー 大学卒業直後から経営コンサルティング業界に入る。 アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)、コーポレイトディレクション(CDI)のパートナーとして、約20年弱にわたり幅広い業種で経営コンサルティングに取り組む。 数多くのクライアント企業価値向上の実体験を元に、『働く株主』投資モデルの有効性を確信。2005年に投資助言会社を設立し、上場企業への厳選長期エンゲージメント投資活動を開始。数々のエンゲージメント成功事例を産む。 2013年にみさき投資を設立し、引き続きエンゲージメント投資に取り組んでいる。 著書に、『三位一体の経営 経営者・従業員・株主がみなで豊かになる』(ダイヤモンド社)『投資される経営 売買される経営』(日本経済新聞出版社)等がある。 慶應義塾大学経済学部卒。カリフォルニア大学バークレー校経営学修士(MBA)公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)日本取締役協会 独立取締役委員会委員長

中川 克幸

株式会社日立ソリューションズ クロスインダストリューション事業部 ビジネスコラボレーション本部 マーケティング推進部 2000年㈱日立ソリューションズに入社。SEに従事後、2005年から情報漏洩防止ソリューション「秘文」の拡販・構築業務に従事。2019年から「活文」を中心としたビジネスコラボレーションの拡販業務に従事。セキュリティの知識を活かしつつ企業のDX推進を支えるための活動を行っている。

中川 政七

1974年生まれ。京都大学法学部卒業後、2000年富士通株式会社入社。 2002年に株式会社中川政七商店に入社し、2008年に十三代社長に就任。日本初の工芸をベースにしたSPA業態を確立し、「日本の工芸を元気にする!」というビジョンのもと、業界特化型の経営コンサルティング事業を開始。2018年より会長を務める。同年11月株式会社奈良クラブ代表取締役社長に就任。「サッカーを変える 人を変える 奈良を変える」というビジョンのもと、スポーツ・教育・地域振興等、奈良県の活性化を図る事業を開始。著書に『経営とデザインの幸せな関係』(日経BP社)、『日本の工芸を元気にする!』(東洋経済新報社)等。

中島 聡

一般社団法人 シンギュラリティ・ソサエティ 代表理事  早稲田大学大学院理工学研究科修了。大学時代に日本のCADソフトの草分けである「CANDY」を開発。大学院修了後はNTTに入社したが、わずか1年で設立間もないマイクロソフト日本法人へ転職。3年後、米国本社へ移るとWindows 95、Internet Explorer 3.0/4.0等のチーフアーキテクトを担った。2000年代に入り、独立を果たすとXevo、neu.Pen等を起業。 2018年8月には「 i-mode を世に送り出した男」として知られる夏野剛氏を共同発起人として、NPO法人シンギュラリティ・ソサエティを設立。 テクノロジーを操り、シンギュラリティの時代にふさわしい「未来の設計者」である若者を支援するため、精力的に活動をしている。 毎週火曜日発行のメルマガ「週刊 Life is Beautiful」の執筆を今も継続中。主な著書に『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である』(文響社刊)、『結局、人生はアウトプットで決まる 自分の価値を最大化する武器としての勉強術』(実務教育出版)がある。米国シアトル在住。MBA(ワシントン大学)

中嶋 洋巳

株式会社空色 代表取締役 2005年04月、西日本電信電話株式会社入社。新規事業開発部に所属し、コミュニケーションを用いたファッション提案アプリの開発など複数の新規事業開発に従事。2013年10月、株式会社空色を創業。チャットを軸としたウェブ接客ソリューション「OK SKY」の開発・提供、チャットセンター運用受託事業を展開。2016年からAIを活用したチャットボット「What Ya」(ワチャ)を提供開始し、AIと人を組み合わせた新たな購買体験の創出に取り組む。

中島 正樹

MN & Associates代表 コーン・フェリー シニア クライアント パートナー、東京大学大学院非常勤講師、今治.夢スポーツ(FC今治)アドバイザリーボードメンバー 国内外の幅広い業界の企業及び公的機関のグローバル競争力強化と経営変革を、戦略・組織・人事の統合的視点から支援。一橋大学商学部卒、カリフォルニア大学ロスアンジェルス校(UCLA)経営大学院修了(MBA)。日本開発銀行、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、マーサー・アジアパシフィック部門代表、デロイトトーマツ コンサルティング取締役等を歴任。監訳書『ウォー・フォー・タレント』『人材ファースト企業の企業戦略 TALENT WINS』等。

中島 亮太郎

Tigerspike株式会社 Lead UX Designer 1979年生まれ、北海道出身。武蔵野美術大学卒業後、工業デザインの分野で文具・生活用品・医療機器などのデザインやユーザビリティのリサーチに携わった後、IT企業にてビジネス領域でのサービスの企画や開発に関わり、2019年にタイガースパイクに参画。これまでデザインとビジネスをつなぐことをテーマに、医療・金融・流通・製造・モビリティなどの分野に取り組んでいる。 2021年に『ビジネスデザインのための行動経済学ノート』(翔泳社・刊)を上梓。

中西 崇文

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター 准教授/主任研究員 博士(工学) 1978年12月28日生まれ、三重県伊勢市出身。2006年3月、筑波大学大学院システム情報工学研究科にて博士(工学)の学位取得。独立行政法人 情報通信研究機構にてナレッジクラスタシステムの研究開発、大規模データ分析・可視化手法に関する研究開発等に従事し、2014年4月、現職に至る。 専門は、データ分析システム、統合データベース、感性情報処理、メディアコンテンツ分析。近年は、ビッグデータ分析手法を通したデータ分析工学分野の創出、ソーシャルメディアコンテンツ伝搬モデルデザインに興味を持つ。知的財産管理に関する諸問題にも造詣を持つ。

中原 絵里子

ライター、ビジネスコーチ 1999年(株)ベネッセコーポレーション入社。高校生向け進路情報誌の編集、会員向け継続企画立案、ウェブサービスの立ち上げやダイレクトメール、電話、SNS等を使った継続施策の実装を担当。2020年にフリーランスのライター、ビジネスコーチとして独立。ウェブメディア等で教育やマーケティング、コミュニケーション関連の記事を編集、執筆する傍ら、トラストコーチングスクール認定コーチとしてビジネスパーソン向けのコーチングサービスを提供中。

中間 真一

株式会社ヒューマンルネッサンス研究所, 代表取締役社長 1959年生まれ。慶応義塾大学工学部卒業、埼玉大学大学院(経済学)修了。株式会社ヒューマンルネッサンス研究所の創設メンバーとして参画し、オムロン創業者らによる未来予測理論「SINIC理論」を活かした未来社会研究に従事して現在に至る。「自動」「自律」「自然」をテーマとした人とテクノロジーのインタラクション、「遊」「学」「働」の未来展望など、創設以来Do tankを目指し、フィールドで未来予兆を探索し、「てら子屋」など未来の担い手が育つフィールドづくりも手がける。共著書に『スウェーデン―自律社会を生きる人びと―』(早稲田大学出版部)、『北欧学のフロンティア』(ミネルヴァ書房)など。

中村 亜由子

iicon company 代表/founder 2008年株式会社インテリジェンス(現パーソルキャリア株式会社)入社。 以来、doda編集部、人材紹介事業部法人営業など、HR転職領域に従事。2015年「eiicon」事業を起案・推進。現在は全国各地の12000社を超える様々な法人が登録し、日本最大級の企業検索・マッチングプラットフォームとなった「eiicon」を運営するeiicon company の代表/founderを務める。 【著書】 「オープンイノベーション成功の法則」(クロスメディア・パブリッシング 2019) 【メディア出演/講演】 ・BSジャパン:日経プラス10 「オープンイノベーションで世界で生き残る」(2018/6) ・BSテレ東:田村淳のBUSINESS BASIC(2018/12) ・FUJITSU Digital Business College (株式会社富士通ラーニングメディア)「デザイン思考コース」講師 他

中村 理

イノウ 代表取締役。 数年の編集者人生では、ビジネス書(『イノベーションのジレンマ』『パーミションマーケティング』)、IT業界向け書籍(『SEの現場』『PM magazine』)、ノンフィクション(『ヒエログリフを書こう!』『奪われし未来 増補改訂版』)、など、節操なくさまざまなジャンルを経験。

中村 介架

フリーランスフォトグラファー 都内にて人物・料理撮影を中心に活動中。 2007年 麹町スタジオ入社 2008年 イメージスタジオ109入社 2012年 フォトグラファーとして独立

中村 和彦

南山大学人文学部心理人間学科 教授 名古屋大学大学院教育学研究科教育心理学専攻後期博士課程満期退学。教育学修士。学校心理士。専門はグループ・ダイナミックス、ラボラトリー方式の体験学習、組織開発(OD)。米国NTL Institute組織開発Certificate Program修了。トレーニングや組織開発コンサルティングなど、様々な現場における実践に携わるとともに、実践と研究のリンクをめざしたアクションリサーチに取り組む。

中村 栄

旭化成株式会社 研究・開発本部 知的財産部長/シニアフェロー 1985年旭化成入社、 1989年 知的財産部へ異動 1998年 全社調査機能 技術情報グループ設立に伴い、同グループに異動。 2018年4月知財戦略室長、2018 10月から現職。2020年10月にシニアフェローに就任。

中村 秀治

株式会社三菱総合研究所 営業本部長

中村 愼一

損害保険ジャパン 日本興亜株式会社 執行役員 ビジネスデザイン戦略部長 2008年のパナソニックの会員サイトCLUB Panasonicの創業期から参画し、会員規模1,000万人、月間2億アクセスの集客力でマーケティングに貢献、総括責任者として取り組んだ。2017年11月に損害保険ジャパン日本興亜株式会社 執行役員 ビジネスデザイン戦略部長に就任。新規事業の担当役員として2018年9月にLINEほけんをリリースし、世界初の「贈れる保険」を商品化。2019年2月にDeNA社と合弁の「個人間カーシェアのDeNA SOMPO Mobility社」「マイカーリースのDeNA SOMPO Carlife社」を設立。駐車場シェアリングのakippa株式会社に33.4%を出資。三社の取締役にも就任。7月にCRM基盤のSOMPO Parkもローンチと新規事業の拡大に取り組んでいる。

中村 武宏

株式会社NTTドコモ 執行役員 5Gイノベーション推進室 室長

中村 秀樹

株式会社 グリッド 代表取締役 1971年生まれ、一級建築士。大学で建築を学ぶ。学生時代はバックパッカーで国内・海外の様々な都市や街を歩き周る。その中阪神大震災が起き、被災者ながら様々なボランティア活動に参加し、改めて現代社会においてのインフラやコミュニティーの大切さを肌で感じる。その経験を通して、建築デザインからインフラデザインへ志向が変わり、重電関連会社に就職、大小様々なプロジェクトに関わる。その後、建築・不動産会社に転職、環境共生型建築開発から電気・ガスなどのインフラ会社との共同事業、新会社設立、子供職業体験施設開発などに関わる。2009年GRIDの創業メンバーとして、太陽光事業をきっかけに人々の生活を幸せにす様々な事業を世の中に創出していきたいと考え、国内・海外で日々活動中。

中村 真広

株式会社ツクルバ代表取締役CCO(チーフクリエイティブオフィサー) 1984年千葉県生まれ。東京工業大学大学院建築学専攻修了。2009年株式会社コスモスイニシア入社。その後、ミュージアムデザイン業界を経て、2011年株式会社ツクルバを村上と共同創業。実空間・情報空間を横断した事業プロデュースを通じて、枠組みのデザインを行っている。

中村 龍太

サイボウズ株式会社/株式会社ダンクソフト/農業 1986年大学卒業後、日本電気株式会社に入社し、農家の娘と社内結婚。10年間務めた後、現・日本マイクロソフト株式会社に転職。専門職、管理職など様々な経験を積みながら、2009年よりクラウドサービスOffice365の事業立ち上げに従事。2013年、サイボウズ株式会社と株式会社ダンクソフトに同時転職。さらに2015年NKアグリの提携社員として契約し、三重に就労している。農業は、NKアグリ向けのリコピン人参の栽培とパエリア飲食店向けの米を生産している。未来の働き方「複業」エバンジェリストとしても活躍中。

中村 孝一郎

株式会社リコー技術研究所フォトニクス研究センター長 東北大学大学院博士課程終了後、電気通信研究所助手、スタンフォード大学客員研究員、Lightbit Corporation(シリコンバレーのベンチャー)、NTTフォトニクス研究所を経て、2008年5月に㈱リコーに入社。HIP(Hetero-Integration Photonics)戦略を打ち出した大谷渉所長のもとで、副所長職として光学系をベースとした技術基盤のプラットフォーム化に注力し、㈱リコーでの研究開発しか知らない研究者に対して、『本来新規事業創出に必要なR&D活動とはどのような視点で進めるべきか』を短期間で叩き込んだ人物である。2013年4月からは所長に就任し、研究開発本部の中で、最もスピードと品質が求められる部門の責任者として新規事業の具現化に辣腕を振るっている。

中村事業企画

事業開発/M&Aを目的とした、高品質のファクト分析を提供しています。 ―従来の総研/コンサル比50%以下の良心価格・効用を保証しています。 事業の創造から再構築まで、発展段階に応じた適切な分析を提供しています。 主要な活用シーン ―包括的動向分析(中期経営計画の基礎資料編纂)/成長戦略の提案/ハイテク事業の普及戦略/サービス業のブランディング/プレ&アフターM&A/業態・営業フロントの刷新 HP : http://nbi.tokyo/

仲山 修司

本田技研工業株式会社 知的財産・標準化統括部 標準化推進部 2002年に電機メーカーの知的財産部門からHondaに入社。産業カウンセラー、キャリアコンサルタント。 shuji_nakayama@jp.honda

仲山 進也

仲山考材株式会社 代表取締役 楽天株式会社 楽天大学学長 北海道生まれ。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。シャープ株式会社を経て、1999年に社員約20名の楽天株式会社へ移籍。初代ECコンサルタントであり、楽天市場の最古参スタッフ。2000年に「楽天大学」を設立、楽天市場出店者45,000社の成長パートナーとして活動中。2004年、Jリーグ「ヴィッセル神戸」の経営に参画。2007年に楽天で唯一のフェロー風正社員(兼業自由・勤怠自由の正社員)となり、2008年には仲山考材株式会社を設立、Eコマースの実践コミュニティ「次世代ECアイデアジャングル」を主宰している。2016年にJリーグ「横浜F・マリノス」とプロ契約、コーチやジュニアユース向けの研修を実施。チームビルディングファシリテーターの長尾彰氏と共同開発した「チームビルディングプログラム」は、ネット/リアルを問わず、企業経営に劇的な進化を生み出すとの定評がある。 著書『あの会社はなぜ「違い」を生み出し続けられるのか』   『あのお店はなぜ消耗戦を抜け出せたのか』   『今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則』   『「ビジネス頭」の磨き方』 編著『楽天市場公式 ネットショップの教科書』

中山 智博

Meattech,inc. CEO<br /> ソニーでタブレットデバイスの市場開拓等の業務を務めた後、介護・医療・キャリア・ヘルスケアの分野で情報サービス開発と運営を手掛けるエス・エム・エスに入社し、遠隔診療事業と栄養士事業の責任者として従事。2017年より起業し、株式会社MeattechのCEOを務める。テクノロジー化によって畜産の未来を考える会社として畜産業に関わる。 同時に株式会社なかやま牧場の関東エリア営業所長の役割も務め、畜産業の発展に貢献すべく活動中。

永井 一史

アートディレクター/クリエイティブディレクター 株式会社HAKUHODO DESIGN代表取締役社長 多摩美術大学教授 1985年多摩美術大学美術学部卒業後、博報堂に入社。2003年、デザインによるブランディングの会社HAKUHODO DESIGNを設立。様々な企業・商品や行政施策のブランディング、VIデザイン、プロジェクトデザインを手掛けている。医療・ヘルスケアや地方創生などソーシャル領域での活動も多い。2015年から東京都「東京ブランド」クリエイティブディレクター、2015年から2017年までグッドデザイン賞審査委員長を務める。 クリエイター・オブ・ザ・イヤー、ADC賞グランプリ、毎日デザイン賞など国内外受賞歴多数。著書・共著書に『幸せに向かうデザイン』、『エネルギー問題に効くデザイン』、『経営はデザインそのものである』、『博報堂デザインのブランディング』など。

永井 恒男

アイディール・リーダーズ株式会社代表取締役社長 1997年、Midwestern Sate UniversityにてMBA取得後、株式会社野村総合研究所に入社。経営コンサルタントとして10年活動後、2005年に社内ベンチャー制度を活用し、エグゼクティブコーチングと戦略コンサルティングを融合した新規事業IDELEA(イデリア)を立ち上げ、以後10年間事業を推進。2015年にIdeal Leaders株式会社を設立し、代表取締役 CEOに就任。経営者のビジョンやパーパスを言語化するコーチングを得意としている。

永井 結子

1994年生まれ。東海大学教養学部芸術学科デザイン学課程在学。グラフィックコースにてグラフィックレコーディングやインフォグラフィックスなどの情報の図的表現を学んでいる。

長尾 彰

組織開発ファシリテーター 日本福祉大学社会福祉学部社会福祉学科(心理臨床カウンセリングコース)卒業後、東京学芸大学大学院にて野外教育学を研究。企業、団体、教育、スポーツの現場など、約20年にわたって3,000回を超えるチームビルディングをファシリテーションする。文部科学省の熟議政策に、初の民間ファシリテーターとして登用され、復興庁政策調査官としても任用されるなど幅広い分野で活動している。現在、株式会社ナガオ考務店代表取締役、一般社団法人プロジェクト結コンソーシアム理事長、NPO 法人エデュケーショナル・フューチャーセンター代表理事、レースラフティング女子日本代表チームのファシリテーターを兼任する。

長尾 政明

モニターデロイト シニアマネジャー 様々な業界のクライアントと共に、 人間中心デザイン/デザイン思考アプローチを活用し、ビジネスxデザインxテクノロジーの交差点において、新しい顧客体験の創造とビジネスデザインを実践。また組織におけるデザインカルチャーの導入・変革において、社内外での豊富な経験を有している。前職において、米系コンサルティング会社でのビジネスコンサルティング、デザインコンサルティング、事業会社における中期経営計画、新規事業企画等に従事。

長尾 真実子

SDN日本支部事務局メンバー/株式会社コンセント Strategic Design group サービスデザイナー 京都工芸繊維大学大学院 デザイン経営工学専攻 博士前期課程(工学)修了。 多様な文化や領域とのコラボレーションプロジェクトの経験をもつ。グローバルデザイン戦略ファームを経て、2018 年コンセントへ入社。コンセントではデザインアプローチによる新規サービス事業の開発やサービスを通して得られる体験の設計に従事。

長坂 剛

エーテンラボ株式会社 代表取締役 CEO 2006年ソニー株式会社入社。B2B営業やデジタルシネマビジネスの立ち上げを経て戦略部門マネージャー。プレイステーションネットワークのサービス立ち上げに従事し、ゲーミフィケーションによる行動変容について学ぶ。ソニーの新規事業創出プログラムから「みんチャレ」をリリースし、2017年にA10 Lab Inc.を設立しソニーから独立。ソフトバンクアカデミア 外部一期生。大企業のイントラプレナーからスタートアップのアントレプレナーに進化した起業家。

長﨑 陸

NKC中西金属工業株式会社 社長付 戦略デザイン事業開発室 KAIMEN 徳島県出身。京都工芸繊維大学デザイン経営工学専攻博士前期課程修了。アアルト大学 IDBM/ME310 でデザイン経営/デザイン思考を研究し、GK Kyoto、KYOTO Design Labを経て現職。現在は独自のデザイン思考論「Jumping Fish」を基にした「アイデアの発見から社会実装までを一貫して行う活動」を実践中。

永田 昌一

マサチューセッツ工科大学 Integrated Design & Management 修士課程在籍中。 京都工芸繊維大学卒業後、UI/UXデザインコンサルティングファームであるソフトディバイスに入社。家電製品や業務用機器、医療機器など様々な製品におけるデザイン提案及び製品化支援に従事。2007年大手外資系家電メーカーに入社。日本市場進出のためのデザインプロセス開発やグローバル製品のデザインローカライズを行う 。2015年8月よりマサチューセッツ工科大学 Integrated Design & Managementプログラムに入学し2017年卒業予定。

長友 裕輝

株式会社WHITE UX事業部 VUIスペシャリスト 2015年スパイスボックス入社。メディア、クリエイティブ、テクノロジー、データ、CRMなど、幅広い領域における知見を活かし統合コミュニケーションのプロデュース、プランニング担当する。2017年より音声アシスタント/会話型インターフェイスを活用した新サービス開発支援/コミュニケーション&UXデザイン業務などに従事。 現在は、某国内家電メーカーと共同での音声インターフェイスに関する市場調査・ユーザ調査やUXデザイナー向け勉強会といった研究・啓蒙活動の傍ら、音声技術を活用した高齢者支援サービスのPoCプロジェクト推進支援などの実業務を兼務。音声アシスタント/会話型インターフェイスによる新たな顧客価値/ビジネス価値のポテンシャルを日々模索している。 株式会社WHITE “新しい、を価値にする”をカンパニービジョンに掲げ、音声アシスタント/会話型インターフェイスにおけるUX開発や企業のデジタルシフトに対応した新規事業開発・サービスデザインを行う。HP:http://255255255.com/ 

名須川 楓太(Biz/Zine編集部)

武蔵大学経済学部 経済学科卒業。Biz/ZineおよびEnterpriseZineを担当

成迫 剛志

株式会社デンソー MaaS開発部 部長 兼 デジタルイノベーション室 室長 日本IBM、伊藤忠商事、香港のIT事業会社 社長、SAPジャパン、中国方正集団、ビットアイル・エクイニクスなどを経て、2016年8月デンソーに入社。コネクティッドカー時代のIoT推進を担当し、2017年4月にはデジタルイノベーション室を新設、同室長に就任。2018年4月より新設されたMaaS開発部 部長に就任

成田 均

トレンドマイクロ株式会社 執行役員管理本部長

成瀬 勇輝

株式会社ON THE TRIP代表取締役

名和 高司

一橋大学ビジネススクール客員教授 1980年東京大学法学部卒業、三菱商事入社。90年ハーバード・ビジネススクールにてMBA取得(ベーカー・スカラー)。その後、約20年間、マッキンゼーのディレクターとしてコンサルティングに従事。日本、アジア、アメリカなどを舞台に、多様な業界において次世代成長戦略、全社構造改革などのプロジェクトに幅広く従事。2011~16年ボストン コンサルティング グループのシニアアドバイザー。14年より30社近くの次世代リーダーを交えたCSVフォーラムを主宰。10年より一橋大学大学院国際企業戦略研究科特任教授、18年より現職。問題解決、イノベーション、コーポレートガバナンス、DX、CSV経営などの講座を担当。ファーストリテイリング、味の素、 NECキャピタルソリューション、SOMPOホールディングスの社外取締役、三菱ケミカル、日本電産、インターブランドジャパン、アクセンチュアなどのシニアアドバイザーを兼務。主な著書に『学習優位の経営』『CSV経営戦略』『企業変革の教科書』『経営改革大全』などがある。

新國 翔大

1991年生まれ。埼玉県出身。大学卒業後、U-NOTE(ユーノート)にてライティング業務に携わる。2015年5月にサムライトに入社。多数のオウンドメディアのコンテンツ制作を行う。2016年7月にBASEに入社。2017年2月よりフリーランスのライター、編集者に転向し、ウェブメディアを中心に複数の媒体で執筆している。Twitter:@n_sh2192

西岡 一洋

株式会社SenSprout 技術アドバイザー、東京大学大学院農学生命科学研究科付属生態調和農学機構 二宮研究室 GRENEプロジェクト特任研究員

西岡 靖之

法政大学デザイン工学部 教授

西川 浩司

Orange Japan Orange Fab Asia運営 フランスの通信事業者Orangeの日本法人Orange JapanでスタートアップアクセラレータプログラムOrange Fab Asiaを運営。アジアのスタートアップのグローバル展開を支援。また、Orangeとフランスの広告代理店Publicisのベンチャーファンド、OPVを運営するIris CapitalのVenture Partnerとしてアジアでの投資を推進している。

西川 翔陽

株式会社ユーザベース セールス&マーケティングチーム マネージャー) 早稲田大学商学部卒業後、中国・インドを放浪し、ソニーに入社。本社経営企画部門を経て、メディカル新規事業の上市過程にて戦略立案・オペレーション構築に従事。東京大学 生産技術研究所にて勤務。 その後、SPEEDAユーザーの原体験からユーザベースに参画。法人営業、インサイドセールスマネージャー、マーケティングマネージャーを経て、セールス&マーケティングを統括。インサイドセールスは他の登壇者4名に助言をもらいながら2018年から育ててきた組織だと話す。ターゲットの範囲が広い企業としての立ち位置から自社の取り組みの説明を行った。

西川 哲郎

Resily株式会社 取締役 東京大学工学部、同大学院工学系研究科卒業後、三井物産株式会社に入社。海外子会社管理・金融関連事業に従事した後、外資系ベンチャー商社に転職。その後、創業間もないResily株式会社に取締役として参画。

錦美 良

アクセンチュア デジタル コンサルティング本部 インダストリーX.0 マネジャー アクセンチュア 製造・流通本部にて、大手製薬会社や大手食品会社のR&D・生産領域におけるグローバルIT戦略・業務コンサルティングプロジェクトを経験。その後、インダストリーX.0の組織立ち上げに伴い、2018年12月よりデジタル コンサルティング本部にて大手製薬会社に向けたデジタルワークショップを行うなど、製造業に対するデジタルトランスフォーメーションを主に支援。

西口 尚宏

一般社団法人Japan Innovation Network専務理事 一般社団法人日本防災プラットフォーム 代表理事 パーソルホールディングス株式会社 社外取締役 日本長期信用銀行、世界銀行グループ(ワシントンDC)、マーサー社 ワールドワイドパートナー、産業革新機構 執行役員などを経て、現職。「大企業からイノベーションは興らないという定説を覆す活動」に注力。世界各国のスタートアップハブとの連携を強力に進めている。 文部科学省 国立研究開発法人審議会理化学研究所部会委員、ISO90001 TC279委員。上智大学経済学部卒、ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院卒(MBA)。 一般社団法人Japan Innovation NetworkのHPはこちら。

西田 佳世

フリーカメラマン。福岡在住

西田 浩

株式会社マツモトキヨシホールディングス 管理本部 財務経理部長 1988年、明治学院大学卒業後、エバラ食品工業株式会社入社。営業部門で14年間の現場勤務の後経 理部へ異動し、2003年経理課長。2006年、荏原食品(上海)有限公司へ出向し、董事・副総経理として中国事業の立ち上げ、事業推進を行う。帰国後、経営企画課長、CSR課長を歴任し、2011年、経理部長に就任。同社の東証一部指定の際の中心メンバーを務める。 2017年、同社を退職し、株式会社マツモトキヨシホールディングス財務経理部長に就任。現在に至る。税理士試験合格者。

西藤 健司

エクサウィザーズ デザイングループ UXデザイナー d.schoolにてデザイン思考を学んだ後、beBitにて新規サービス企画・具体化含む CX/UX コンサルティング業に従事。その後for Startupsを経て、エクサウィザーズにUXデザイナーとして参画。プロダクト企画~UIデザインを担当。

西野 貴智

住友生命保険相互会社 Vitality戦略部長 1993年、住友生命に入社。リテール部門・企画部門を経て、2005年に小泉政権下の内閣官房に出向、郵政民営化関係業務に従事。その後、2011年より代理店企画室長、2014年より営業企画室長を歴任、2015年よりVitalityプロジェクトを担当、プロジェクトリーダーとして南アフリカ共和国Discovery社と協力しVitalityの日本市場導入に尽力する。

西原 健太

創業100年 西原糸店 五代目 グローバル・アパレル企業などで職務経験により久留米絣の偉大さに改めて気付き、久留米でしかできないことを国内外へ発信すべくUターン。大正六年創業の「糸店」を若い人たちにでも親しめる「オシャレな久留米絣の店」へと大変身させ話題に。メディア出演や、地域活動を評価され講演など幅広く活動中。全国まちゼミ実践者会議久留米代表としても、まちづくりの一翼を担う。

西堀 敬

株式会社日本ビジネスイノベーション 代表取締役 1960年滋賀県生まれ。大阪市立大学商学部卒業後、日立造船入社。その後、和光証券(現・みずほ証券)で国際業務に従事。ウェザーニュースでは財務部長として上場準備に携わる。米国・イーコマース会社COO兼CFOとして日本業務を立ち上げ2002年より新規上場企業情報サイト「東京IPO」編集長。11年、日本ビジネスイノベーションを設立、代表取締役に就任。複数の上場企業の社外取締役を務める。

西村 賢

Coral Capital パートナー兼編集長 大学在学中からPC・ネット情報誌「月刊アスキー」で連載を持ち、卒業後はアスキーの編集・記者としてネット・デジタルを幅広く取材。2006年にITmediaへ移籍し、ITエキスパート向けWebサイトの「@IT」で副編集長としてエンタープライズITやソフトウェア技術の動向を取材。2007年から2009年にかけてDropboxやAirbnbなどY Combinatorの創業者らを数多くインタビュー。2013年にTechCrunch Japan編集長に就任して日本のスタートアップ、起業家らを取材。約5年間で年次イベント「TechCrunch Tokyo」の来場者数を3倍にするなど日本のスタートアップエコシステムの成長にメディアとして貢献する。2018年にGoogleに移籍してスタートアップ支援や投資関連業務に従事後、2019年8月にCoral Capitalにジョイン。早稲田大学理工学部物理学科卒。上智大学非常勤講師。Rubyエンジニアでもある。

西村 真里子

HEART CATCH代表 / SENSORS.jp編集長 株式会社HEART CATCH 代表取締役。sensors.jp編集長。 IBM、Adobe、Grouponを経て現職。プロデュースプロジェクト「BLOODY TUBE」はカンヌ国際クリエイティビティ・フェスティバル2014にて金賞受賞。Web/インターネットのインタラクティビティと変革を起こし続けるテクノロジーの進化に魅了され続けている。

西山 武志

story/witer 早稲田大学在学中より執筆業をスタート、卒業後フリーに。物語に寄り添える文脈で、インタビューライティングを軸に、書くこと全般を生業とする。

新田 達也

Braze株式会社 最高技術&プロダクト責任者 名古屋大学卒業後、ロータスにエンジニアとして入社。その後IBM、アドビ、マルケトにてB2B/B2Cのソフトウェア/SaaSの開発、品質管理、製品管理に従事し20年以上の経験を有する。創業1年目の2015年にマルケトに入社、Marketo Engage製品責任者として日本市場向けに最適化された機能の提案や実装、パートナーソリューションとの連携支援を主に務めた。マーケティングテクノロジーと製品管理の経験を活かし、2020年12月よりBraze株式会社日本市場プロダクトマネージャーに着任。

丹羽 真理

Ideal Leaders 株式会社 共同創業者/CHO(Chief Happiness Officer) 国際基督教大学卒業、University of Sussex大学院にてMSc取得後、2007年に株式会社野村総合研究所に入社。 民間企業及び公共セクター向けのコンサルタントとして活動後、エグゼクティブコーチングと戦略コンサルティングを融合した新規事業IDELEA(イデリア)に参画。 2015 年4 月、Ideal Leaders株式会社を設立し、CHO(Chief Happiness Officer)に就任。 社員のハピネス向上をミッションとするリーダー「CHO」を日本で広めることを目指している。 経営者やビジネスリーダー向けのエグゼクティブコーチング、Purposeを再構築するプロジェクト等の実績多数。特定非営利活動法人ACEの理事も務める。

丹羽 恵久

ボストン コンサルティング グループ マネージング・ディレクター&パートナー 国際協力銀行、欧州系コンサルティングファームを経て2004年にBCGに入社。BCGパブリック・セクターグループの日本リーダー。ハイテク・メディア・通信グループ、社会貢献グループ、および組織・人材グループのコアメンバー。 中央官庁・自治体・大学などの公的部門、通信・メディア・エンターテインメントなどの業界の企業、及びスポーツ団体・NPOに対して、デジタルサービス開発、アライアンス戦略、成長戦略、SDGs対応、組織変革、経営人材育成などのプロジェクトを手掛けている。 近年はBCG Japanのカーボンニュートラル・気候変動領域を統括するエキスパートとしても、多数支援を実施。

ネイサン・ブレチャージク

Airbnb CTO兼共同創設者 ネイサンはAirbnbの共同創設者でありCTOでもあります。会社の技術的戦略を指揮し、Airbnbが業界の最先端を走り続けられるよう世界トップクラスのエンジニアチームの編成に取り組んでいます。ネイサンの起業家歴は古く、高校在学中に既にビジネスを経営し、20か国以上のクライアントと取引をしていました。ハーバード大学でコンピューターサイエンスの学位取得後、マイクロソフト、OPNETテクノロジーズ、Batiqでのエンジニアリング職を経てAirbnbの共同創設者となりました。

根岸 慶

Tigerspike株式会社 代表執行役員 1975年生まれ。中央大学法学部卒業後、1999年に日本電信電話株式会社入社し、その後NTT再編に伴い、NTTコミュニケーションズ株式会社に転籍。主に法人営業、新規事業開発を担当。2006年にベトナムでオフショア開発を運営するインディビジュアルシステムズ株式会社に参画し、日本担当役員として日本市場の開拓を担い、企業規模拡大に貢献。2014年、タイガースパイク東京オフィスを立ち上げ、ナショナルクライアント(銀行、保険、自動車、航空等)との取引を開始。2015年、同社日本法人の正式な設立とともに、代表執行役員に就任。 デジタル時代に一人一人が本来持っている力を存分に発揮できる組織のあり方を、タイガースパイクを通じて探求中。そこでの成果を他の企業にも広げるべく、講演・執筆活動を精力的に行なっている。

根岸 秀樹

株式会社サイバード 開発統括本部 New Biz開発統括部 Voice UI部 部長 総合プロデューサー/Voice UIエバンジェリスト SP広告代理店・出版社・WEBメディア企業を経て2006年よりサイバードにジョイン。2016年、コンテンツ事業部門の事業部長を務める傍らVoice UIに着目しR&Dチームを組成する。2017年よりAlexa・Google Assistant・Clovaの全てのプラットフォームでローンチパートナーとして初期サービスを投入、2018年にはVoice UI部を独立部門として立ち上げた。同年10月「Amazon Alexaスキル開発エージェンシープログラム」の認定企業となる。 ■https://www.cybird.co.jp/our_business/voice_ui/

禰宜田 英司

キッコーマン株式会社 経営企画部 1998年キッコーマン入社。営業、商品企画、営業企画、販促企画等を担当。その後、社内ベンチャー 制度に応募し審査の結果採択される。2018年11 月、「自由にワインを創るという、新しい楽しみ方」をテーマに、様々な特徴を持つキュヴェ(ワイン原酒)の組み合わせやブレンド比率を自由に設定してオリジナルワインを創作することができる 「WINE BLEND PALETTE」を立ち上げた。

野田 智義

特定非営利活動法人アイ・エス・エル 創設者/大学院大学至善館 理事長 日本興業銀行勤務、ロンドン大学ビジネススクール・インシアード経営大学院(フランス、シンガポール)助教授を経て、2001年7月全人格リーダーシップ教育機関アイ・エス・エルを設立。大企業の経営幹部を中心に、地方企業の経営者、社会起業家など、1,600名を超える卒業生を輩出。2018年には、文部科学省認可の大学院大学至善館を日本橋に開学。スペインIESE、インドSOILなど世界の教育機関と連携しながら、独自の全人格経営リーダーシップ教育を日英二ヶ国語で実践している。 東京大学法学士、マサチューセッツ工科大学経営修士、ハーバード大学経営学博士。 著書に「リーダーシップの旅」(光文社新書)がある。

野中 郁次郎

1935年東京都生まれ。58年早稲田大学政治経済学部卒業。富士電機製造勤務ののち、カリフォルニア大学バークレー校経営大学院にてPh.D.取得。南山大学、防衛大学校、一橋大学、北陸先端科学技術大学院大学各教授、カリフォルニア大学バークレー校経営大学院ゼロックス知識学特別名誉教授を経て、一橋大学名誉教授、早稲田大学特任教授、日本学士院会員。ナレッジマネジメントを世界に広めた知識創造理論の権威。2017年カリフォルニア大学バークレー校経営大学院より「生涯功労賞」を受賞。

野々村 健一

Director, Business Design & Development、IDEO Tokyo

信岡 良亮

株式会社巡の環取締役、メディア事業プロデューサー、中小機構人材支援アドバイザー 関西で生まれ育ち同志社大学卒業後、東京でITベンチャー企業に就職。Webのディレクターとして働きながら大きすぎる経済の成長の先に幸せな未来があるイメージが湧かなくなり、2007年6月に退社。小さな経済でこそ持続可能な未来が見えるのではないかと、島根県隠岐諸島の中ノ島・海士町という人口2400人弱の島に移住し、2008年に株式会社巡の環を仲間と共に企業。6年半の島生活を経て、地域活性というワードではなく、過疎を地方側だけの問題ではなく全ての繋がりの関係性を良くしていくという次のステップに進むため、2014年5月より東京に活動拠点を移し、都市と農村の新しい関係を模索中。

延岡 健太郎

一橋大学イノベーション研究センター長 教授

野本 遼平

グロービス・キャピタル・パートナーズ キャピタリスト/弁護士 弁護士としてスタートアップのビジネススキーム策定・提携交渉・資金調達等の支援に携わったのち、2015年にKDDIグループのSupershipホールディングスに入社。同社の経営戦略室長・子会社役員として、戦略的アライアンス/資本業務提携/M&A/投資/グループ再編/PMIの戦略立案及び実行/推進を統括。2019年にグロービス・キャピタル・パートナーズに入社し、キャピタリストとしてベンチャー企業への投資及びハンズオンでの経営支援に従事。慶応義塾大学法学部卒、東京大学法科大学院修了。共著書に『アプリビジネス成功への法務戦略』(技術評論社)、『戦略策定・交渉・契約・実行がわかる 成功するアライアンス 戦略と実務』(日本実業出版社)がある。