SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

事業企画の現場で使う、ツールTips

“ドリル”に注目しても「顧客のジョブ」は掴めない-「顧客ジョブマップ」の理解と活用

第3回:顧客の真のニーズを知り、自社だけの市場を創る

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

新しい市場機会の発見に必要な「より良いジョブ」と「より多くのジョブ」

 成果指向型イノベーションでは、3つの異なる顧客グループのいずれかにターゲットを置きます。それは、特定のジョブを履行する上で、(1)既存のプロダクトやサービスでは十分に満たされていない顧客、(2)既存のプロダクトやサービスでは過剰満足の顧客、(3)何らかの制約や障壁があるために既存のプロダクトやサービスを雇うことができない非顧客です。一般的には、資力、スキル、アクセス、時間、現在の慣行などが制約や障壁となり得ます。

 既存のプロダクトやサービスでは十分に満たされていない顧客の場合、「より良いジョブ」または「より多くのジョブ」ができるようにしてあげることが重要です。ハーバード・イノベーション研究所が作成した「Evolution Of The Desk」という動画をご紹介しましょう(以下、動画)。この四半世紀の間、「デスクワークをする」というジョブに対して、パソコンがより良いジョブとより多くのジョブの双方に貢献してきたことが理解できます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
事業企画の現場で使う、ツールTips連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

白井 和康(シライ カズヤス)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング