SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

人工生命(ALife)とは何か

人工生命(ALife)とは何かの“先”へ──生命テクノロジーがつくる、人間中心・効率至上主義とは異なる社会

特別編1:青木竜太インタビュー

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

科学界のカウンターカルチャーを 青木竜太と池上高志の出会い

 その数週間後、岡の紹介で青木は東京大学の池上研究室を訪ねることになる。池上高志は、見かけも中身もロックミュージシャンのような科学者だ。細身で背が高く、どことなく忌野清志郎やミック・ジャガーのような風貌に見えなくもない。一度口を開くとぶつぶつと、しかし熱っぽく早口にしゃべる。東京大学駒場キャンパスにある彼の研究室を訪ねた青木は、ポスターが張りめぐらされた入り口を見て「一見するとバンドの部室みたいだった」と思い出す。そのときに池上は、2018年のALifeカンファレンスを、研究者だけでなくさまざまな分野の人が参加できる「TED Likeなもの」にしたいと青木に語ったという。「ギラギラしているけれど、一方で偉そうにする様子はなく、この人とは一緒にやれそうかなと思いました」と青木は振り返る。

 ALifeのことについて語るときに多くの人が口を揃えるのが、この学問が「世界の新しい見方」をもたらすということだ。ALifeは「遺伝物質=生命」と思われていた20世紀の生物学に対するアンチテーゼであり、トップダウンで知性をつくり出す人工知能とは反対にボトムアップで立ち上がる知性の構築を目指し、大量のデータを俯瞰して見えてくる構造を捉えることで、ミクロな状況だけを見ていてはわからなかった視点を提供する。そして何より、「生命のOS」を見つけ出し人工的に生命をつくり出すことができたら、人類の価値観や「生命」に対する認識は大きく変わることだろう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
人工生命(ALife)とは何か連載記事一覧

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング