SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

「大企業による新規事業」のリアル

エムアウト流“マーケットアウト”の新規事業とは?──paizaの事例にみる、事業創出と起業家育成

第9回 ゲスト:エムアウト 福岡克績氏、paiza 片山良平氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

日本で新規事業創出の活性化を目指す、エムアウトとpaizaの展望

畠山:企業内の新規事業には現状だと困難が大きいですが、日本は1960年代から70年代位まで新規事業が得意な国でした。新しく、イノベーティブなプロダクトやサービスをどんどん生み出していました。その結果、80年代がうまくいきすぎてしまい、90年代以降は、新規事業よりも既存事業を安定させる人が評価されるようになりました。最近でこそ、新規事業は注目されていますが、今では新規事業をやったことのある大企業の人はまだ多いとはいえません。でも、もうこのままではいられませんよね。エムアウトさんはどのような課題を抱いて起業家の育成に取り組まれているのでしょうか。

福岡:エムアウトも、創業者の田口が「日本は新規事業やスタートアップを生み出さないと潰れてしまう」という課題感を持って立ち上げた企業です。元々1,000億円規模の事業を創れと田口から言われていたので、今回paizaがIPOを目指せる事業を創って、これこそやるべきことだと感じています。エムアウトも、次なるpaizaを生み出すべく、人材獲得と事業創出に努めていきたいですね。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
「大企業による新規事業」のリアル連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

畠山 和也(ハタケヤマ カズヤ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング